本校の沿革


【本校のルーツは商業科の女子校】

 本校は大正9年(1920年)に盛岡実践女学校として創立され、大正14年(1925年)には盛岡市立女子商業学校、昭和23年(1948年)には盛岡市立女子商業高等学校と改称されます。すなわち歴史上、本校のルーツは商業科の女子校ということになります。ちなみに男子校として大正2年(1903年)に創立された盛岡市立商業学校が、現在の岩手県立盛岡商業高等学校となります。

 一方、現在でいう普通科が中心となる盛岡市立第一高等女学校が昭和15年(1940年)に創立され、昭和23年(1948)に盛岡市立女子高等学校と改称されます。

 昭和24年(1949年)には盛岡市立女子商業高等学校と盛岡市立女子高等学校が統合され、盛岡市立高等学校と改称されます。校名から「女子」の文字が消えていますが、この時点ではまだ女子校です。

 本校で男子生徒の募集が始まったのは昭和34年(1959年)の普通科からで、商業科は校舎が現在の上太田に移転となった昭和57年(1982年)のこととなります。なお、この年には英語科も設置されましたが、こちらは当初から男女共学で募集されました。(平成27年度閉科)


【盛岡実践女学校~盛岡市立女子商業学校~盛岡市立女子商業高等学校】

大9.4.1 盛岡実践女学校として、盛岡尋常高等小学校の一部を使用し創設する。
大12.12.10 盛岡市紙町46番地に移転する。
大14.4.23 盛岡女子商業学校と改称する。本科(3年)定員30名 専修科(1年)定員50名
昭4.9. 盛岡市志家町6地割内加賀野小路43番地に新築移転する。
昭9.5.10 専攻科を本科の上におく、修業年限1年定員50名
昭15.3.30 盛岡市に移管 盛岡市立女子商業学校と改称する。第1本科(4年)定員50名 第2本科(3年)定員50名とする。
昭16.11.15 盛岡市加賀野第6地割字国神松41番地に移転する。
昭18.2.20 学則改正により、第2本科を修業年限3年より2年に改める。定員50名
昭18.4.1 第2本科定員を100名とする。
昭22.3.31 第2本科修業年限3年とする。
昭23.4.11 学制改革により盛岡市立女子商業高等学校と改称する。定員100名


【盛岡市立第一高等女学校~盛岡市立女子高等学校】

昭15.4.1 盛岡市立第一高等女学校を盛岡高等小学校に創設する。本科(4年)100名 実科(1年)50名
昭16.4.1 実科定員を100名とする。
昭18.4.1 本科、実科を1部、2部と改称する。
昭18.9.1 盛岡市三ツ割田畑に移転する。
昭20.4.1 附属専攻科を設ける。
昭20.9.25 附属専攻科の修了式を行いこれを廃止する。
昭23.4.11 学制改革により盛岡市立女子高等学校と改称する。定員100名


【盛岡市立高等学校】

昭24.4.1 盛岡市立女子商業高等学校と盛岡市立女子高等学校を統合し、三ツ割田畑校舎に移転し盛岡市立高等学校と改称する。定員:普通科100名 商業科100名
昭33.4.25 盛岡市加賀野田神松41番地に移転する。
昭34.4.1 普通科男子を募集 定員:普通科 男100名 女100名 商業科100名
昭35.11.1 盛岡市立女子商業創立40周年・同第一高女創立20周年記念式典
昭40.4.7 定員を普通科 男150名 女100名 商業科100名に改める。
昭42.4.20 体育館(1,354.82平方メートル)落成
昭45.4.1 普通科定員男女区分を廃止する。
昭46.10.8 創立50周年記念式典
昭47.10.1 定数法の改正により、普通科225名 商業科90名となる。
昭54.3.10 市内上太田上川原に新校地75,867.53平方メートル取得する。
昭55.9.27 新校舎建築(第1期)着工(管理棟2,330.1平方メートル、教室棟4,065平方メートル、ボイラー144平方メートル、、連絡廊下821.37平方メートル) 計7,360.47平方メートル
昭56.6.30 新校舎建築(第2期)着工(管理、普通教室棟、昇降口、連絡廊下、ボーラ一室4,416.2平方メートル、産振棟2,535.1平方メートル、体育館3,314平方メートル)
昭57.2.27 I桜窓会館建築工事完了
昭57.3.23 旧校舎において離別式
昭57.3.30 新校舎建築完了
昭57.4.1 英語科設置、商業科も男女共学となり、全学科男女共学となる。定員:普通科225名 商業科90名 英語科40名
昭57.10.17 新校舎落成並びに創立60周年記念式典
昭57.12.2 第2体育館(1,084平方メートル)落成
昭58.4.1 10月17日を開校記念日として設定する。
昭58.7.29 プール(16m×25m)完成
昭60.4.1 普通科1学級臨時増
昭62.4.1 英語科定員を45名とする。
昭63.4.1 普通科1学級減(臨時増分)
平元4.1 普通科1学級臨時増
平2.10.23 創立70周年記念式典
平2.10.27 記念事業としてカナダのピクトリア市に第1回海外派遣(教員1名、生徒5名)
平3.12.9 教育振興会設立
平4.4.1 普通科1学級減(臨時増分)
平5.4.1 第一体育館接続廊下完成
平6.4.1 商業科定員80名、英語科定員40名となる。
平7.3.23 第2回海外派遣{カナダ(ビクトリア市)、アメリカ(シアトル、サンフランシスコ市}(教員2名、生徒8名)
平7.4.1 普通科定員215名となる。
平7.10.28 夜間照明設備完成
平8.4.1 普通科1学級臨時増(25学級)
平9.3.12 第3回海外派遣{カナダ(ピクトリア、ナナイモ市)、アメリカ(サンフランシスコ市)}(教員2名、生徒8名)
平9.11.20 創立80周年記念事業協賛会設立総会
平11.3.11 第4回海外派遣{カナダ(ビクトリア、パンクーパー)、アメリカ(サンフランシス市)}(教員2名、生徒8名)
平12.10.17 創立80周年記念式典
平13.3.8 創立80周年記念事業第5回海外派遣{カナダ(ダンカン、ピクトリア市)、アメリカ(サンフランシスコ市))(教員2名、生徒16名)
平14.4.1 普通科1学級減(臨時増分)
平15.3.6 第6回海外派遣{カナダ(パシクーパ一、ピクトリア市)}(職員2名、生徒8名)
平16.4.1 普通科に特別進学クラス設置(定員40名)
平17.3.11 第7回海外派遣{カナダ(ビクトリア市)}(職員2名、生徒10名)
平18.12.1 AED2基設置
平19.3.5 第8回海外派遣{カナダ(ピクトリア市))(職員2名、生徒9名)
平19.4.1 普通科定員195名(特別進学コース35名)、英語科定員25名となる。
平21.3.9 第9回海外派遣{カナダ(ピクトリア市))(職員2名、生徒10名)
平22.10.16 創立90周年記念式典
平23.3.4 第10回海外派遣{カナダ(ビクトリア市)}(職員2名、生徒11名)
平26.4.1 英語科募集停止
平28.3.31 英語科閉科 



もどる