学校長から

岩手県立盛岡第四高等学校 校長 髙 橋  隆

 本年度で創立52年目を迎えます。創立50周年を過ぎ、51年目の昨年から「知命~新たなる伝統への飛翔」を目標のひとつに掲げ、生徒諸君が創り出す「未来」に向かって、生徒・職員が一体となり、保護者・関係各位のご理解、ご協力のもと、これからも確かな歩みを進めてまいりたいと考えております。申すまでもなく、本校は、学問を究めながらも世界の架け橋たらんとすることを理想とした、新渡戸稲造博士、大地に根ざしながらも遙か銀河に夢を馳せた宮沢賢治先生のご教示を建学の精神として戴き、創立以来「誠実に生き、他者への敬愛を忘れず、大志を抱き、真理を追究する」という四大綱領のもと、個性を重んずる自由な校風によって、生徒の学力、人間力を高め、一人ひとりの進路目標実現を図ることを目ざすことのできる高校として、また、運動部、文化部ともに、全国を活躍の場とする等、成果を上げることのできる高校としての評価をいただいてまいりました。本校の個性を重んずる自由な校風とは、入学してしまえば利己的な身勝手が許されるということを指すのではなく、入学してからも、常に目的をもち、学ぶ姿勢をもち、人としてのマナーを身につけることによって醸しだされるものであります。まさに、盛岡第四高等学校生として、為すべきことを為し得る生徒によって培われてきたものであります。 今後とも本校生徒諸君が、「四高ビジョン21」のもと、真摯に学び、懸命に学習や部活動に取り組み、「志高から始まるキャリア」を構築することができるよう教育環境を整えてまいりますとともに、大きな志をもち、品格ある人間として成長することができる生徒を育む盛岡第四高等学校となりますよう学校経営に務めてまいりたいと考えております。


平成28年度 盛岡第四高等学校 学校経営計画 (PDF)