沿革

昭和38

昭和39







昭和40



昭和41






昭和42

昭和45

昭和49
昭和56
昭和59


昭和62

昭和63

平成 3
平成 4

平成 5
平成 6

平成 7
平成 8
平成 9


平成10
平成11
平成12

平成13



平成14
平成15
平成16
平成17
平成18
平成20
平成26
平成27
12.20

4. 1
1.16
3.25
4. 1
4. 5
4.12
6.11
12.25
1.18
3.16
3.22
3.29
2 .1
3. 5
3.25
9.30
11. 2
11.15

2.28
3. 1
4.30
6.30
10.26
10.31
1. 4
3.30
10.28
3.19
4. 1
2.17
7.12
10.17
3.16
12.21
3.31
3.31
10.28
1. 6
7.24
3.25
3.24
4. 1
2.25
3.26
4. 1
12. 1
9.28
12. 7
12.19
12.27
3.28
5. 9
10.13
4. 1
4. 1
4. 1
10.18
11.20
岩手県議会において全日制普通科岩手県立盛岡第四高等学校(定員750名)を  昭和39年4月1日より設置することを議決(岩手県条例53号公布)
本校設置(定員750名)
盛岡第四高等学校開設準備並びに入学者選抜学力検査実施委員の委嘱
盛岡市本宮字大屋敷5番地岩手県立盛岡商業高等学校地内に仮校舎完成
初代校長 目時隆太郎以下教職員23名発令
岩手県立盛岡第一高等学校長高橋元昭氏より事務引継開校式並びに入学式を挙行、男子176名、女子191名、計367名の入学許可
校章制定
本校所在地を紫波郡都南村に改め昭和40年4月1日より施行される。
校歌制定
校舎完成 鉄筋コンクリート造3階建
校旗制定
仮校舎から移転(所在地:紫波郡都南村津志田第26地割字氏子淵29番地)
生徒定員900名となる。
増築校舎完成まで盛岡農業高等学校跡の校舎を1学年に充てることを決定
体育館完成、鉄筋コンクリート造2階建
第二体育館完成(盛岡農業高等学校体育館模様替)木造平屋建トタン葺
校舎落成記念式典挙行
増築校舎完成(第二校舎)、鉄筋コンクリート造3階建、屋根アスファルト防水造 .  
同窓会結成
第一回卒業式挙行
校庭整備完了
志高会館完成、鉄筋コンクリート造2階建
創立10周年記念式典挙行(於第一体育館)
学校緑化事業に基づく造園第1期工事
本校敷地境界ネットフェンス設置工事
学校緑化事業に基づく造園第2期工事(校門前小庭園)
創立20周年記念式典挙行(於第一体育館)
増築校舎完成(第三校舎)
生徒定員1学年8学級(360名)となる。
第二体育館完成
第三校舎・第二体育館落成記念式典挙行(於第一体育館)
校舎改築着工
第三校舎改修完了
改築 管理・普通教室棟完成
改築 特別教室棟完成
部室棟並びにプール完成
創立30周年記念式典挙行(於県民会館)
工業試験場・醸造試験場跡地分掌換
グラウンド整備工事完了
全天候テニスコート完成
屋内練習場完成(創立30周年記念事業)
臨時1学級増
第一体育館完成
吹奏楽部室完成
臨時1学級増
北側ネットフェンス全面取替
グラウンド廻り緑化事業
増築校舎完成(倉庫:全国高文連事務局室)
グラウンド整備(全天候型100m走路)
電話設備更新工事完了
セミナーハウス(志高会館)完成
教育情報ネットワーク整備
創立40周年記念式典挙行(於県民会館)
生徒定員1学年7学級(280名)となる。
生徒定員1学年8学級(320名)となる。
生徒定員1学年7学級(280名)となる。
創立50周年記念式典
防球ネット嵩上げ工事