岩手県立 盛岡第三高等学校
学校へのアクセス お問い合わせ サイトマップ
イメージ
学校案内 スクールライフ 部活動 進路情報 入学案内 PTA・同窓会 証明書
HOME進路情報>合格体験記『翼』より
進路情報  合格体験記『翼』より

平成26年度卒業生 合格体験記『翼』より

 

 自分は受験を受けるにあたって、授業を聴くこと、夜は寝ること、先生を信頼すること、友達を大切にすることに心がけてきました。そのため、合格したとき周りの人が一緒に喜んでくれました。自分だけでなく、家族や先生、友達の支えがあってこその合格だと思っています。  最後に、三高生はやはり文武両道が求められます。私の持論ですが、50%50%でどちらもやるのは意味がありません。どちらも本気でやり、一方を言い訳にして他方を怠らないこと。充実した高校生活で合格を掴み取ることを祈っています。

(東京外国語大学合格 北松園中出身)

 最後に大事なことは仲間の存在です。受験期はずっと勉強をしていて辛く、ストレスがたまってしまうかもしれません。でも同じように頑張っている仲間と支え合い、切磋琢磨して頑張ってください。私も、仲が良い友人には医学部や東北大学を志望するなど優秀な人が多かったので、その友人達に負けないように毎日勉強をしていました。あと、大学受験を通して、先生方をはじめ多くの方々にお世話になると思います。その方々への感謝の気持ちを一番大切にして頑張ってください。応援しています。

(岩手大学合格 下橋中出身)



 

 皆さんも本格的に受験勉強をし始めれば分かるかもしれませんが、受験には不安はつきものです。人によって様々ですが私は自分の勉強時間や方法、睡眠時間、志望校判定について常に不安を感じていました。ストレスで腹痛になった時期もありましたが、先生方や同じ試練に立ち向かう友達のおかげで受験を乗り越える事ができました。こんな事を書いていると、受験生になりたくない!と思わせてしまうかもしれませんが、不安は確かに感じるものの、勉強をもうしたくないとは感じませんでした。私が変なのか分かりませんが大学での生活を想像していると案外勉強を楽しいと感じるようになってきますよ! 努力は必ず報われる!皆さんのこれからの奮闘を祈っています。

(東北大学合格 矢巾北中出身)

 私が二次で逆転できたのはモチベーションの上げ方が一番の要因でした。私は受験前日に3年間やってきた模試の束やワークを全て触り、眺めてから本番に臨みました。試験前は勉強の事よりも「3年間自分はこんなにやってきたんだ!私は三高生だ。絶対に他の高校の生徒に負けるわけない!」という事しか考えていませんでした。その結果程良い緊張感の中べストを尽くすことができ、センターの時の後悔なんてふっとばすくらいの「やりきった!」と思うことができ、また、三高の授業でやってきた事を本当に生かす事ができたので、先生方に感謝の気持ちでいっぱいでした。よく先輩方が「三高に入ってよかった。」と言っていましたが、私も三高に入って最高な先生方に教わり、最高な仲間と励まし合いながら勉強できた事、本当に良かったと心の底から思い、受験を通して三高生である事を改めて誇りに思いました。  受験を通して私が大切だと思う事は、いつか必ず実を結ぶと信じて地道に努力を積み重ねること、つらい時は友達同士で励まし合ってみんなで頑張ること、その時やるべきことを手を抜かずにやること、そして判定がどうであろうと絶対にあきらめない強い気持ちを持つことです。三高生なら絶対にできます!自分を信じて最後まであきらめずに頑張って下さい!

(青森公立大学合格 滝沢二中出身)



 

 

 高校三年間は、本当にあっという間です。やりたいことは全てやってください。やるなら今です。まだ自分を変えられます。早いうちに生活リズムを構築して、具体的な目標を決めてください。そして、周りには、相談に乗ってくれ、語り合える友達、真剣に向き合ってくれる先生がそばにいます。いっぱい頼ってください。勉強も部活動も一生懸命やるし、ふざける時はバカみたいに騒ぐ最高の仲間と三高での最高の高校生活を送ってください。頑張れ!

(岩手大学合格 水沢南中出身)



▲ページのTOPへ

 



岩手県立 盛岡第三高等学校
Copyright (C) 2003- Morioka Daisan Koutougakkou.