岩手県立盛岡第一高等学校


白堊の翼

  1. トップページ »
  2. 白堊の翼
3月16日
 今日もみな元気でおります。
 午前中はいよいよ来週のサヨナラパーティーでのスピーチに向けての指導が強まってきました。いくら一高生とはいえ、人前でプレゼンターとして、聴衆を引き込むスピーチは難しいなと感じています。少しずつ殻が向けてきた生徒や、もう少しで殻にヒビが入りそうな生徒、個人差はありますが、全員進化中です。
 CWAはこれまでの様子は全てビデオ録画しており、スピーチの様子も録画されます。帰国後しばらくすると、各家庭と学校にDVDが届きますので、ご覧になれます。

 明日は一日中レンコムで過ごします。レンコムの学生と同じタイムテーブルで過ごし、給食をいただきます。ビュッフェ形式で食べたいものを選べ、かつ美味しいです。予算の関係で2回しか味わえませんが、レンコム生と同じテーブルで食べられますので、コミュケーションがたくさんとれます。
 
指定された感情でスピーチをしている生徒
午後はローマ時代を感じさせるバースに行きました。みな、ローマン・バースというところを真剣に見学していました。私は世界史の知識が不足していましたが、田中先生は充実した様子でした。40度ちょっとのお湯です。左上がジュリアスシーザーの像が立っています。
転載・転用を禁じます。
次へ