岩手県立盛岡第一高等学校


学校概要

  1. トップページ »
  2. 学校概要 »
  3. 校長あいさつ

校長あいさつ

校長写真
38代校長 平賀信二

本校は明治13年(1880年)「公立岩手中学校」として開校され、本年(平成28年)で136周年となる男女共学の伝統校です。校訓の「忠實自彊」(真心で自ら努め励むこと)「質実剛健」(飾り気がなく心がしっかりとしていること)の精神を受け継ぐ幾多の先輩諸氏が様々な分野で活躍しております。

「時代の先駆者として、社会に広く貢献できる人間を育成する」を教育目標に掲げ、生徒は栄誉を得てもおごらず、逆境にあってもめげない伝統的な白堊精神のもと、自分を律し他人を思いやる心を持って、ものごとに真剣に取り組みながら、勉学と部活動に積極的に取り組み、文武両道の校風の確立に取り組んでいます。

昨年度、本校は文部科学省のスーパーグローバルハイスクール事業の指定を受け、ボストンでの16日間の研修を含む、多種多様なプログラムを本格的にスタートさせました。グローバル化が急速に進む現代社会において、将来、国際的に活躍できるグローバルリーダーを高等学校段階から育成することを目的としたこの事業を通じて明日の世界を牽引し、様々な分野において新たな道を切り開いていく人物に成長するよう期待するものです。