ごあいさつ

校長 佐々木 徹

盛岡みたけ支援学校のホームページへようこそ

校長 佐々木徹

 本校の沿革は本県の知的障がい教育の歴史そのものです。かつて就学の猶予や免除により学校に通っていなかった、お隣のみたけ学園に入所されていた方々への学習保障から始まり、養護学校の義務化にむけて昭和51年度から独立校として設置されました。

 その後、自宅から通学する児童生徒の割合が増えたことで昭和55年からは通学バスが走り始め、平成17年度からはデリバリー方式で学校給食を開始し、平成21年度からは遅咲きですが高等部も設置され、児童生徒数も増え狭隘化が進みました。現在、児童生徒数は開校当初の2倍強となり、児童生徒の障がいも多様化したこともあり、約6倍となった職員数で対応させていただいています。

さらに、小中学部校舎のある滝沢市、高等部校舎のある盛岡市の他、内陸北部を一戸町の奥中山校と二戸市内の小・中・高等学校にそれぞれ設置している二戸分教室があり、県土の広い岩手の内陸部北半分をカバーさせていただいています。

また、特別支援教育のセンター校としての制度が始まる以前から「みたけゆいネット」として、地域を応援させていただいてきた歴史もあり、今後とも地域とのつながりを大切にしながら関係機関と連携していきたいと思います。

本校としては「一人一人がよりよい存在として輝き、主体的に生きられるよう社会的自立を支援する」ことを教育目標とし、教室の狭さや少なさをはじめとする教育環境の課題は山積していますが、学校生活で児童生徒の努力が、将来、必ず生きる力となるように、教職員一同努力を重ねる所存です。
 児童生徒が学校で勉強したことを身につけて、「明るく、仲良く、たくましく」という校訓のとおり、未来へむかって「明るく」夢をふくらませ、いろいろな人と「仲良く」生き抜くスキルを身につけ、心も体も「たくましく」生活ができるように力をつけてくれることを願って進めていきます。