岩手県立盛岡青松支援学校 NEWS & TOPICS(2016年4月〜7月)
 
   HOME > NEWS & TOPICS > NEWS & TOPICS (2016年4月〜2016年7月)


小学部3・4年校外学習(総合防災センター)
 


  パイプオルガン鑑賞教室(訪問教育部)
 5月12日(木)盛岡市民文化ホールでパイプオルガン鑑賞教室が行われ、学習室の児童2名も参加しました。最初に、オルガニストの渋澤久美さんからパイプオルガンの部品や音が出る仕組みについて教えていただきました。また、パイプオルガンの一種である「レガール」を紹介されたとき、「ふいご」風を送るお手伝い係として本校の児童が選らばれ、ふいごを持ち上げる仕事を頑張りました。その後、展望室に移動し、晴天の盛岡市内を一望してきました。
 


 遠足(小学部低学年)
 6月23日()、小学部1〜3年生は盛岡市動物公園に行ってきました。学校出発の際は小雨でしたが、動物公園ではあいにくの雨。それでもカッパを来て見学してきました。みんなは、ひとつひとつ足を止めては「あ、いたよ!見て、見て!」「かわいい〜!」と目を輝かせて歓声を上げていました。ふれあい体験では、ヒヨコとウサギの赤ちゃんを抱っこ。こわごわ触れる子や、動物に声を掛けながら触れる子。みんなの小さな手で、小さな動物を優しく抱っこして、癒しのひとときを過ごしてきました。 
    



 ALT訪問授業(訪問教育部)

6月9日(金)学習室で本校ALTのマット先生による英語の訪問授業が行われ、小学生4名、中学生2名が参加しました。
 1・2校時は、全員で「買い物学習」をしました。学習室を商店に変身させ、文房具・お菓子・飲み物等を並べて、マット先生と子どもたちが交代で店員や客の役になりました。最初は緊張していた子どもたちでしたが、だんだん慣れて、簡単な英語で受け答えができるようになりました。
 3校時は中学生が英語での「すごろくゲーム」を楽しみました。サイコロの出た目にしたがって駒を進め、そのマスに書かれた指示にしたがって英語で曜日や教科名などを言いました。普段の日常の授業とはちがう、ワクワクする笑顔あふれる授業でした。

 


大運動会
 平成28年度盛岡青松支援学校大運動会、大成功となりました。紅組、白組ともに全力を出し切った応援合戦。勝敗の行方がアンカーに託され接戦となった紅白別リレー。プログラム最後の青松ソーランは、踊り終わった直後にアンコールを受け、松園地域の皆さまや保護者の皆さま、そして卒業生とともに踊ることができ、今までにない盛り上がりで、会場全体が一体となったすばらしい運動会にすることができました。参加してくださった松園地域の皆さま始め、足を運んでくださった多くの皆さま、本当にありがとうございました。

   

   

   

   

     




HOME  >  NEWS & TOPICS へ戻る






NEWS & TOPICS


Copyright(C)2009- Morioka Seishou special needs education school All rights reserved.