保健室より
保健室からのお願い

学校に依頼したい処方薬(すべての薬品が該当)がある場合は、薬と一緒に依頼書・お薬説明書の提出もお願いいたします。

※用紙は随時利用できるよう、児童生徒玄関(職員室側)の棚に用意してあります。
※こちら↓からもプリントアウトしてご利用いただけます。

薬剤依頼書

【日常薬】・・・基礎疾患があるため、常時薬を使用している場合
            (基本的には年度初めに提出)

【緊急薬】・・・緊急時(発作時など)に使用する場合
            (基本的には年度初めに提出)

【臨時薬・・・基礎疾患以外の傷病で、短期間だけ使用する場合
            (風邪を引いたときなど、必要な時随時提出)


※「日常薬」「緊急薬」「臨時薬」それぞれについて必要な種類ごとに提出していただきます。
※「大規模災害時における内服薬依頼書」は保健室に用意してあります。




主な学校感染症の出席停止期間基準
(学校保健安全法施行規則第19条)

インフルエンザ  発症から5日を経過かつ解熱後2日を経過するまで
麻しん 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発症した後5日間を経過し、かつ全身状態が良好となるまで
風しん  発疹が消失するまで 
水痘(みずぼうそう)  すべての発疹がかさぶたとなるまで 
感染性胃腸炎(ノロウイルス感染症、ロタウイルス感染症など)  病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
溶連菌感染症 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで 
※医師から登校可能と診断された場合には、登校前に学校にご相談ください。

無断転用・転載を禁じます。
平成29年4月 保健部作成