ごあいさつ

     

 皆さま、新年明けましておめでとうございます。健やかに新しい年をお迎えになったことと存じます。今年1年、皆さまにとりまして、そして本校にとりましても、良い年になりますよう心からお祈り申し上げます。また校長として、その一翼を担うことができますよう一層精進して参りますので、今年もどうぞよろしくご鞭撻とご支援を賜りますようお願いいたします。

 昨年本校では、新たな取り組みが行われました。①前高「育英会」補助金による「スタディーサプリ」受講の奨励 ②前高「活性化プロジェクト」の始動 ③中高連携「アクティブラーニング研修会」(2回) ④前沢明峰支援学校でのミニコンサート ④「モー・メール」による情報配信 ⑤前沢劇場「青春の坂道~前沢高校、我らが母校~」への生徒・職員の出演など。また、①バドミントン部のインターハイ・全国選抜大会出場 ②前高「絆の輪」復興支援ボランティアの充実・発展 ③チョリコン(調理・製菓コンテスト)団体優勝など、生徒の活躍もありました。さらに、東日本大震災復興の架け橋「希望郷いわて国体」では、全校生徒を上げての応援が後押しし、バドミントン部男子は全国第5位の成績を残すことができました。

カヌー競技会場では全校生徒が補助員として活躍した他、様々な競技場会場でも本校生徒の活躍で、大会を盛り上げることができました。

 いよいよ年度末を迎え大事な締め括りの時期となりました。3年生の就職希望者は、10月で全員内定をいただきましたが、進学希望者にとってはセンター試験・一般受験と、これからが正念場時期となります。この苦難を見事乗り越え、明るい春を向かえてくれることを願っています。

 最後になりましたが、今年92年目を迎える本校は、「小さくてもキラリと光る、存在感のある学校」、「生徒も職員も生き生きと元気に活動する学校」、そして「共に支え合い、励まし合う校風」を基盤とし、これからもさまざまな挑戦を続けています。

本年も本校教育活動にご理解とご協力をいただきますとともに、何卒よろしくお願い申し上げまして、新年のごあいさつとさせていただきます。


 
                                                            校長 大内 髙志