学部紹介

 
  高等部

      高等部では、1年生9名、2年生18名、3年生16名、計43名の生徒が学んでいます。
    領域・教科を合わせた指導(日常生活の指導、生活単元学習、作業学習)や各教科(選択学習、保健体育、
    芸術)、特別活動、総合的な学習の時間、自立活動の学習を通して、将来の生活に必要な知識や技能、態度を
    学習しています。
    前期と後期に行われる校内・現場実習や継続型企業実習では個々のニーズにあわせた進路実現を目指し、
    働くために必要な力を身に付けています。
    堀切地区のみなさんとの花壇整備やマレットゴルフでの地域交流、大野踏破、トライスポーツへの参加や
    各行事を通して、社会性の育成や人間形成を目指しています。


   1 学部目標

     (1) 社会生活に必要な知識・技能の向上を図り、働く力を育てる。

     (2) 社会生活に必要な健康・体力・習慣形成の向上を図る。

     (3) 将来の社会生活を視野に入れたコミュニケーション能力の向上を図る。

     (4) 職業や働くことの意義を理解し、役割遂行や協働活動等を通して働く力の向上を図る。


   2 経営の重点

     (1) 個々の発達段階を踏まえ、能力・適正に応じた指導・支援に努める。

     (2) 健康と体力を増進し、将来設計に基づいた望ましい習慣を形成する。

     (3) 日常の学習や交流活動を通して、状況に応じた言葉遣いやふるまい、必要な支援を適切に求めたり、
         相談したりする力を伸ばす。

     (4) 作業学習や実習、社会見学等を通して、様々な職業があることや働くことを実質的に理解し、
         希望進路の達成に向かうよう指導・支援する。


   3 教育課程 

     (1) 学習指導上のグル-プ編成

       ① 学級学年別の学習
           日常生活の指導、生活単元学習、特別活動、自立活動、総合的な学習の時間

       ② 全学年合同の学習
           生活単元学習、総合的な学習の時間、保健体育、特別活動(学部集会)

       ③ 全学年縦割り別の学習  
           選択学習、作業学習(木工、陶芸、清掃、縫工、農作業)、特別活動(委員会活動)、
           総合的な学習の時間

       ④ 選択制の学習
           芸術(音楽 美術)

     (2) 学習指導のねらい  

       ① 領域・教科を合わせた指導  

          ア 日常生活の指導  
              生活の基本となる事項を、日常の諸活動を通して定着を推進する。

          イ 生活単元学習
             諸行事及び自立的な生活に必要な事柄を実際的・総合的に指導するとともに
             集団への参加や社会生活への適応力を養う。

          ウ 作業学習
              木工・陶芸・清掃・縫工・農作業を通して将来の社会生活や職業生活に必要な知識、
              技能、態度を身に付ける。

       ② 教科別の指導

          ア 学校設定教科(充実学習、キャリアアップ)

           《充実学習》
              日常生活に必要な国語力や数の処理能力、図形に関する理解を深め、社会生活に役立てる。

           《キャリアアップ》
              社会生活に必要な知識や技能を身に付け、将来の生活に生かすためのスキルの向上を図る。

          イ 音楽
             表現活動や鑑賞を通して、豊かな情操を養う。

          ウ 美術
            創作活動を通して、豊かな情操を養う。

          エ 保健体育
              適切な運動の経験や健康や安全についての理解を通して、健康の保持増進と体力の向上を
             図るとともに、最後までやり抜く力を育てる。

       ③ 領域別の指導

          ア 道徳
             学校の教育活動のあらゆる場を通して、適切に指導する。

          イ 特別活動
             全校朝会、生徒会活動、諸行事等を通して集団生活への自主的、実践的な態度を養う。

          ウ 自立活動
              生徒の心身の発達の調和を図るために、個々の実態に配慮しながら学校生活の
              あらゆる場面で 適切に指導する。特別学級においては時間を設けて指導する。

       ④ 総合的な学習の時間

            地域交流を通して社会性及び豊かな人間性を育成する。
            自己理解を深め、自己の生き方、進路などを主体的に考えることができるようにする。






(C)岩手県立久慈拓陽支援学校