本文へスキップ
infomation
〒020-0061
岩手県盛岡市北山1丁目10番1号
Tel:019-624-2986
Fax:019-624-3164
メール:iwp-m@iwate-ed.jp




 学習・活動の様子

  その他(全校行事など)

7月13日(木) 第66回東北地区盲学校弁論大会

 7月13日、秋田県立視覚支援学校で第66回東北地区盲学校弁論大会が開催されました。本校からは中学部と高等部専攻科の生徒が出場し、岩手の代表として東北の皆さんへ言葉を届けました。当日はSkypeで各校へ中継され、遠く秋田へ届けとばかりに、岩手から声援を送りながらの観戦となりました。
 弁士の日頃の努力と応援していたみんなの願いが実を結び、高等部専攻科の生徒が最優秀賞を受賞することができました。最優秀賞受賞者は、10月に広島で行われる全国大会に東北地区の代表として出場します。

7月13日(木) 東北地区盲学校フロアバレーボール 盛岡大会

 7月5日(水)、盛岡体育館で東北地区盲学校フロアバレーボール盛岡大会が開催されました。今年は東北各地から6チームが参戦し、全国への切符を賭けて戦いました。濃紺のユニフォームをまとった10人の岩手チームは順調に予選リーグを勝ち進んだものの、決勝で福島チームに敗れ、惜しくも準優勝となりました。
 悔しい結果となりましたが、全国へ向けて毎日の練習に取り組んできたチームの姿は、大会でも選手みんなで声を掛け合い、精一杯のプレーにあらわれていて、応援にも熱が入るほどの心熱くなるものでした。
 平成31年には岩手県で全国大会が開催されます。今年の福島チームの健闘を祈りつつ、来年に向けて、再来年の地元開催に向けて、岩手も雪辱を誓い頑張ります。応援よろしくお願いします。
    
 
    
 
   

   

   

5月25日(木) 校内弁論大会

 5月25日(木)、本校体育館で校内弁論大会が開催されました。今年は中学部と高等部から9名の生徒が弁士として登壇し、それぞれの考えを言葉にのせ、聴衆を引きつけるよう工夫しながら、熱く発表しました。
 今年度の中学部・高等部の優勝者は、7月13日(木)に開催される東北地区盲学校文化・体育大会弁論の部に学校代表として出場します。
 

5月16日(火) 校内陸上記録会

 5月16日(火)岩手県営運動公園陸上競技場で行われました。
前半は新体力テストの種目(50m走、50m音響走、立ち幅跳び、ソフトボール投げ)に、後半は競技会の種目に挑みました。
 当日は時折小雨がぱらつく空模様でしたが、児童生徒が新記録をめざして力を発揮し、息を弾ませながらやり終えたみなさんの表情は、雨雲を吹き飛ばすほど晴れやかでした。
 

 

4月6日(木) 入学式

 4月6日(木)、本校体育館で平成29年度入学式が行われました。式では、幼稚部1名、小学部1名、中学部3名、高等部専攻科4名、合わせて9名の皆さんが堂々と入場し、入学生呼名では9名の大きな声が体育館に響きました。
また、PTA会長さんからは「これからの学校生活に目標を持ち、何事にも挑戦し続けてほしい。」と、温かいお祝いのことばをいただきました。新入生の門出を祝うかのような晴れやかな天候のもと、今年度の新しい学校生活がスタートしました。
  

 

  

  




H28年度 ↓

11月29日(火)読み聞かせ会 〜  小田加代子さんと有志の方々 〜

 11月29日(火)に小田加代子さんと有志の方々5名による「読み聞かせ会」が行われました。幼稚部〜高等部までの幼児児童生徒と保護者・職員の総勢40名が参加しました。
今年で5年目を迎える「読み聞かせ会」は、小田加代子さんお薦めの絵本や子ども達がリクエストした本を読んでいただくのが通例となっていましたが,今年は、旅愁 〜 ハンドベルによる演奏 〜からスタートしました。子供たちは,きれいな音色に聞き入りながら,絵本の世界に引き込まれていきました。
クリスマスにちなんだお話,言葉遊びが楽しいお話,恒例となったシリーズ「あらしの夜に」の3作目〜くものきれまに〜,日本や外国の昔話など,バラエティに富んだ内容でした。子どもたちは,興味津々でお話に聞き入り,うなずいたり,笑ったりしながら,ゆったりと物語の世界を楽しんでいるようでした。
会の終わりに,子ども達から,特に面白かったお話についての感想,さらに,人と人との絆やつながりの大切さを感じることができたこと,あらためて本を読むことの素晴らしさに気付いたこと,「読み聞かせ会」の方々への感謝の気持ちなどが伝えられました。最後にお礼として、高等部の生徒たちが作成したカレンダーとビーズストラップを渡したところ、「読み聞かせ会」の方々にも大変喜んでいただけたようでした。
来年も是非、「読み聞かせ会」の方々に来ていただけることを幼児児童生徒・職員一同期待しています。
   

   

   

10月22日(土)〜24日(月) 
  第16回全国障害者スポーツ大会希望郷いわて大会

 
  〜  感動をありがとう。応援・ご協力いただいた皆様に感謝。 〜     
 10月22日〜24日に岩手県内各地を会場にして第16回全国障害者スポーツ大会希望郷いわて大会が開催されました。本校からは,陸上競技に高等部生2名が,グランドソフトボールに高等部生1名と専攻科生3名が参加しました。また,北上陸上競技場でのオープニングイベント『希望の郷から,ありがとう』第1章「雨ニモマケズ」に小学部生3名が,岩手県営運動公園でのグランドソフトボール開会行事始球式のピッチャーとして中学部生1名と高等部生1名が,閉会行事わんこダンスに幼・小学部生11名が参加し,大会を大いに盛り上げてくれました。
 陸上競技では,少年女子弱視の部ソフトボール投3位,100m4位,少年男子全盲の部200m1位,100m3位,と高等部生徒それぞれが練習の成果を出し切り,結果につなげることができました。
 グランドソフトボールチームは,優勝した中国・四国ブロックの代表広島県チームの攻撃に対して,専攻科生徒が何度もファインプレーを見せる等,大奮闘したものの及ばず敗れました。三位決定戦,北海道・東北ブロック代表青森県チームとの対戦では,高等部生徒が得点の糸口となるチャンスを作り,専攻科生徒らが攻守ともに光る活躍を見せる等して,見事3位に輝くことができました。大会に至るまでの過程で,社会人の方たちと一緒に練習したり,東海地区まで遠征試合に出かけたりと,貴重な経験を積むことができました。
 第16回全国障害者スポーツ大会希望郷いわて大会に参加した生徒も,応援した幼児児童生徒も学校の中だけは学ぶことができない多くのことを学び吸収することができました。この経験は彼らの今後の人生を豊かに彩ってくれることと思います。
 

  

10月27日(木) 点字ブロック理解推進事業

 10月27日(木)、点字ブロック理解推進に向けての活動に全校で取り組みました。幼小学部は近隣のスーパー「ビッグハウス上盛岡店」で、中高等部は盛岡駅で活動しました。保護者の方も4名参加してくださり、一緒に盛り上げていただきました。
 「点字ブロックにものを置かないで」の横断幕を掲げ,大きな声で「盛岡視覚支援学校です。点字ブロックの上にものを置かないでください。ご協力お願いします。」と訴えました。慣れない手つきで,小学部の児童が描いたちらしが入ったティッシュを配って自分たちの思いを伝えました。活動の中で、「がんばってください。」と声をかけられたり,視覚に障がいのある方からは「気持ちわかるよ。がんばって活動して。」と励ましの言葉をいただいたりしました。また,私たちの周りにはご年配の方々,ビジネスマン,高校生,白杖をもった方,車いすに乗った方,ジェスチャーで耳が聞こえないと訴えて下さった方など様々な立場の方がおられることも実感することができ,貴重な経験になったようです。
 盛岡駅では,国体キャラクター“そばっち”が参加してくれたこともあってか,多くの方に立ち止まっていただき,全校で1840個ものティッシュを配布し終えることができました。この活動がきっかっけとなり,点字ブロックへの理解が浸透して,安全に歩くことができる“点字ブロック”が当然な世の中になっていってほしいと幼児児童生徒、職員保護者も願っています。
   

       
   
   

          

8月24〜25日 第31回全国盲学校野球北海道大会

 「静かなる甲子園」とも呼ばれる全国盲学校野球大会に本校から東北地区選抜の選手として7名の生徒が参加いたしました。大会の舞台は北海道!!今年で最後を迎える大会を選手達は、心地よい気候の中、思う存分楽しんでいました。結果は5位でしたが、東北が一つとなって試合をしたことは、夏の思い出として生徒の心の中に刻まれたことでしょう。
  

8月2日(火) サマースクール

 8月2日(火)本校でサマースクールを行いました。本校の子ども達と県内各地から集まったお友達合わせて22名と、保護者のみなさん17名で、午前中は、ミニ親子運動会、午後は、ミニコンサートと各グループに分かれての活動や保護者情報交換会を行いました。
グループは、おもちゃランドや工作作り、プールに分かれました。あいにくの大雨になりましたが、プールグループもプールに少し入った後体育館での活動を行い、どのグループも楽しそうに一生懸命活動に取り組んでいました。
  
  
  ミニ運動会でボール送りをしたよ。     プールでお船に乗ったよ。

  
   
   野菜を触察して粘土を作ったよ。    おもちゃランドでまと当てしたよ。

     

    リコーダー演奏したよ。     「ラバーズコンチェルト」の合奏したよ。

6月15日(水) 小・中学部合同 花育の授業

 6月15日(水)に、「花ごころ」(盛岡市向中野の生花店)の佐々木さん、渡辺さんのご厚意により、花育の授業が行われました。
 小・中学部の児童・生徒5名と介護等実習の学生2名、そして本校職員で、佐々木さんのご指導のもと、貴重な体験をさせていただきました。珍しい花や葉の名前や由来を聞いたり、においを楽しんだり、形や感触を実際に触れて確かめたり…にぎやかに笑いがあふれる中、存分に花と触れあいました。そして、次は実際にフラワーアレンジメントに挑戦!!茎を慎重にはさみで切ったり、指先で花を指す場所を確かめたり、ドキドキ・ハラハラしながら、一人で一つずつ仕上げました。できた作品は世界に一つの自分の作品です。皆、仕上がりに満足〜!うれしそうな表情でした。
 普段はなかなか触れることができない珍しい花、甘いにおいの花、変わった形の花……たくさんの花に囲まれ、心豊かなひとときを過ごしました。

5月23日(火) 校内弁論大会

 5月23日(月)3・4校時、本校体育館で校内弁論大会が開催されました。この大会には、中学部と高等部から7名の生徒が弁士として登壇し、それぞれの考えを熱く交流しました。
 6月29日に青森県で開催される東北地区盲学校文化・体育大会弁論の部には、学校代表として高等部本科3年の清水弘大さんが出場します。
  
 

5月18日(水) 校内陸上大会

 平成28年度校内陸上競技会が、5月18日(水)に前日の午前中までの雨も上がり初夏の太陽が降り注ぐ中、岩手県営運動公園陸上競技場にて行われました。今年度は昨年度までよりも規模を縮小して午前中のみでの実施となりました。
 前半は、50メートル走(または50メートル音響走)、立ち幅跳び、ソフトボール投げの新体力テストの種目に小学部児童、中学部・高等部普通科・高等部理療科生徒全員が取り組みました。これにより、自分の運動能力について把握できたのではないかと思います。
 後半は中学部、高等部生徒が東北文体の実施種目に挑みました。6月に青森県で開催される本大会へ向けて、それぞれが力いっぱい走り、跳び、投げ、自己記録の更新を目指し頑張りました。
  

  

  


東盲研事務局より

相談支援部より
  ことり教室
証明書等の発行
臨床治療について
寄宿舎より