平成29年度 第1回学校評議員会報告
T 開催日時   平成29年5月31日(水) 10:00〜11:45            
U 内  容
 (授業参観)
  (委  嘱)
 1 開 会
 2 校長挨拶
 3 自己紹介
 4 協議
 (1)学校概要
 (2)学校経営計画
 (3)今年度の取り組みについて
 <幼小学部><中学部><高等部><寄宿舎運営部><相談支援部><進路指導部>各部長より説明
 (質疑)
・秋田に一般就労できた方はどこと連携したのか。
→県外だったので難しい面があった。相談支援事業所、就労支援機関と連携した。
・幼稚部での交流保育はどんなことを行っているのか。
→園庭遊びにおいて同じ場所の共有という部分から行っている。
幼児の実態に応じた活動を行うようにしたい。
・貴校のホームページを見たが、「平成28年度第2回学校評議員会の記録」をクリックすると第1回の内容が出てきてしまう。
また、「沿革」については近日公開予定とあるが、ちょっとおかしいように感じた。
→ホームページ上の学校評議員会の記録や沿革については、早急に確認して対応したい。
・近隣の小中学校では、いわゆる「ひきこもり」の子ども達がいるが、本校にはいるのか。
→障がいの程度、子ども達の実態にもよるが、長期休暇後や連休後に学校へ足が向きにくい子もいる。きめ細かい対応に努めている。

5 提言
(A様)
・フロアバレーボールにおいて、今年度は東北大会、平成31年度は全国大会の主管ということで大変だと思う。頑張っていただきたい。
今年度は評議員として3年目となった。
PTA会長も以前務めた経験もあり、学校におけるハード面、ソフト面等、自分の立場も踏まえて今後も意見を出していきたい。
(B様)
・学校と本施設は車の両輪のようである。学校から最近新しい生徒が入ってこないのは寂しい面もある。理療の国家資格を取得できるよう、学校教育において益々力を注いでいただきたい。
(C様)
・貴校の経営計画を拝見し、多項目を重点目標に据えていると感じた。
本施設も人権の尊重や一人一人の希望を叶えること、合理的配慮に努めること、関係機関との連携等、多くの課題がある。発達障害の方も受け入れており、その方々へ「自立訓練」ということを行っている。
いろいろな面で貴校とも情報共有していきたい。
(D様)
・幼児児童生徒の数に比べて、貴校では教職員の数がかなり多いと感じた。
きめ細かい指導がなされていると思われる。
だから、引きこもり等がないのだろうと思う。
今後も子ども達をしっかり指導していただきたい。
(E様)
・自分も事前に送って頂いた資料を拝見し、在籍数34名に対し、教職員93名もいるのはすごいと感じた。しかしながら、授業参観をして、一人一人の障がいの状態に対応する先生方は、結構大変だと思った。今回、授業参加もでき、よく見ることができてよかった。
また、ホームページもじっくり見る機会となった。
今後ともよろしくお願いしたい。
       
(6)閉会