岩手県立盛岡視覚支援学校 学校通信
視覚支援学校だより 第3号
令和2年10月30日(金)発行
                           

秋の深まりと共に、感じること・・・」
副校長 安達 史枝
あっという間に10月となりました。
急に朝晩寒くなり、夏が恋しく感じる季節になりましたね。
さて、4月から新型コロナウイルス感染症予防対策を講じ、児童生徒が、生き生きと自信をもって取り組めるように工夫を凝らしながら様々な活動に取り組んできました。
児童生徒がそれぞれの目標に向かい、時には悩みながらも少しずつ成長していく姿を見ることができ、うれしく感じています。
10月から後期の学習に入りました。
次の目標を目指して児童生徒・学校・保護者とが一体となり取り組んでいきます。
更に成長する姿が見られることを楽しみにしています。
野球の故野村監督がある番組のインタビューで「選手の主体性は、基礎基本を繰り返し繰り返し、しっかり行うことによって生まれる。」と話していたのを思い出します。
スポーツだけでなく何事にも通じることだと思います。
自分から主体的に考え行動するには、まず、基礎基本をしっかりと学んでいなければなりません。
体力面・学習面・気力面と様々ありますが、ポイントは、「しっかり繰り返し学ぶこと」が大切です。
「楽しそうだから・・・。」と手っ取り早く興味があるものを単発的に行ってもすぐに定着したり、自信がついたりするものではありません。
自分で考えたり、行動したりできるようになるためにも基礎基本となる情報を得、多くの経験・体験を重ねることが重要です。
楽しい事柄だけ経験しても本当の充実や自信につながらないことが多いです。
私たち職員も「知っただけ、経験しただけ、分かったつもり」で終わらないよう努力していかなければと思います。
ご家庭でも児童生徒の成長のために「自分でできることは、自分で行う」ということをお願いしたいと思います。
ご協力よろしくお願いいたします。

9月の様子
去年から岩手大学馬術部の皆さんが、「馬とのふれあい体験」を本校で実施しています。
9/4(金) 今年の馬は雄の「ひめかみ」くん。現役時代は、競走馬でした!
9/8(火) ジャズピアノ鑑賞会「鈴木牧子カルテット」
やっぱりプロの生演奏は心に響きますね。
児童生徒みんなノリノリ!笑顔です。

10月の様子
10/3(土) 第1回岩手県パラ陸上記録会
花巻市日居城野陸上競技場
コロナ感染症のため様々な大会が中止となりましが、今年度初めての競技大会が行われました。
急遽行うことになった大会でしたが、中学部は7名全員参加、高等部普通科・専攻科の生徒も7名参加し、全員がベストを尽くしました。
競技を終えた後の皆さんは、すがすがしいとても充実した表情でした。

10/10(土) 令和初!みんなが輝いた文化祭!! 「Reborn ~輪っハッハ みんなで楽しむ文化祭~」
音楽クラブは「マリーゴールド」を演奏!歌も上手で息の合った素敵な発表でした。
幼小学部はアラジン!みんな役になり切っています!!
中学部は防災について学習したことを自分たちで考え発表しました。
高等部普通科は、コロナについてアンケートを取り、自分たちで調査してニュース形式で発表しました。
専攻科では、人気のマッサージ体験。
今年度はコロナのため保護者さんのみとなりました。気持ちいいですよ!

北山ワン・テン・ワン 本校ホームページ http://www2.iwate-ed.jp/iwp-m/ ご覧下さい