本文へスキップ

岩手県立一戸高等学校は岩手県にある総合学科高校です。

学校長あいさつ学校長あいさつ

学校長あいさつ

CEO

 本校は、1911(明治44)年に開校し、今年度創立106年目となる県内有数の伝統と多くの実績を有する学校です。また、平成17年度からは、 県内公立高校6番目、県北唯一の「総合学科高校」として生まれ変わり、今年度新入生は、その第13回の入学生です。
 「総合学科」は、「生徒自身が自己の能力・適性、興味・関心に基づき、将来の職業選択を視野に入れた自己の進路への自覚を深め、 多様な教科・科目群から主体的な選択履修をして専門教育と普通教育を総合的に学ぶ」という理念の下に設置された、比較的新しい学 科です。
 1年次では、必修科目を中心に学習するほか、教科「産業社会と人間」の学習を通して、高等学校で学ぶ意義を理解し、多様な体験から 将来の進路を考え、目標に向かって学習する意欲と態度を形成していきます。また、2年次からは、主に進学をめざす「人文・自然系列」、 ビジネスに必要な知識・技術を学ぶ「情報ビジネス系列」、家庭・芸術・農業について学ぶ「生活・文化系列」、福祉や介護の知識・技術 を学ぶ「介護・福祉系列」の4つの系列に分かれ、それぞれの進路希望に応じた専門的な学習をします。
 本校は、「明朗 誠実 進取」を校訓とし、社会に貢献する人材の育成を目指してさまざまな教育活動に取り組んでいます。
 生徒や教職員は、互いに明るく爽やかな挨拶を交わすことで、「明るく朗らか」に高校生活を送っています。また、「相手に対して真心 をこめて誠実に接する」ことで、他を思いやる心を養っています。そして、「新しいことに自ら進んで取り組む」姿勢をもち、勉学と部活 動を両立させようと前向きに努力しています。
 また、震災復興に向けても、1年次では「生きる」、2年次では「かかわる」、3年次では「そなえる」をテーマに、「微力だけど無力じゃない」の言葉とともに取り組んでいます。
 
 最後に、本校は地域から愛され、地域の学校として温かく見守られている学校です。今後も地域交流活動にも積極的に取り組み、高校生の 若い力で地域を盛り上げたいと思いますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

岩手県立一戸高等学校
校長 猿 川 泰 司


平成29年度   学校経営計画

こちらからご覧ください。


学校いじめ防止基本方針

こちらからご覧ください。


バナースペース

岩手県立一戸高等学校

〒028-5312
岩手県二戸郡一戸町一戸字蒔前60-1

TEL 0195-33-3042(職員室)
   0195-33-2861(事務室)
FAX 0195-33-2777(職員室)
   0195-31-1951(事務室)
MAIL inh-h@iwate-ed.jp