TEL. 0195-33-3042

〒028-5312 岩手県二戸郡一戸町一戸字蒔前60の1

学校案内

学校長挨拶

 本校は、1911(明治44)年に開校し、今年度創立106年目となる県内有数の伝統と多くの実績を有する学校です。また、平成17年度からは、県内公立高校6番目、県北唯一の「総合学科高校」として生まれ変わり、今年度新入生は、その第13回の入学生です。

 「総合学科」は、「生徒自身が自己の能力・適性、興味・関心に基づき、将来の職業選択を視野に入れた自己の進路への自覚を深め、多様な教科・科目群から主体的な選択履修をして専門教育と普通教育を総合的に学ぶ」という理念の下に設置された、比較的新しい学科です。
 1年次では、必修科目を中心に学習するほか、教科「産業社会と人間」の学習を通して、高等学校で学ぶ意義を理解し、多様な体験から将来の進路を考え、目標に向かって学習する意欲と態度を形成していきます。また、2年次からは、主に進学をめざす「人文・自然系列」、ビジネスに必要な知識・技術を学ぶ「情報ビジネス系列」、家庭・芸術・農業について学ぶ「生活・文化系列」、福祉や介護の知識・技術を学ぶ「介護・福祉系列」の4つの系列に分かれ、それぞれの進路希望に応じた専門的な学習をします。

 本校は、「明朗 誠実 進取」を校訓とし、社会に貢献する人財の育成を目指してさまざまな教育活動に取り組んでいます。
 生徒や教職員は、互いに明るく爽やかな挨拶を交わすことで、「明るく朗らか」に高校生活を送っています。また、「相手に対して真心をこめて誠実に接する」ことで、他を思いやる心を養っています。そして、「新しいことに自ら進んで取り組む」姿勢をもち、勉学と部活動を両立させようと前向きに努力しています。
 また、震災復興に向けても、1年次では「生きる」、2年次では「かかわる」、3年次では「そなえる」をテーマに、「微力だけど無力じゃない」の言葉とともに取り組んでいます。

 最後に、本校は地域から愛され、地域の学校として温かく見守られている学校です。今後も地域交流活動にも積極的に取り組み、高校生の若い力で地域を盛り上げたいと思いますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



岩手県立一戸高等学校 
校長 猿 川 泰 司 

平成28年度学校経営計画はこちらから

学校概要

校 名
岩手県立一戸高等学校
校 長
猿川 泰司
所在地
〒028-5312
岩手県二戸郡一戸町一戸字蒔前60の1

電話番号
0195-33-3042

0195-33-2861

ファックス番号
0195-33-2777(職員室)

0195-31-1951(事務室)

メールアドレス
inh-h@iwate-ed.jp

本校の教育活動の特色

(1)学習活動
 1、夢と希望の実現への学習
  自分の可能性を探りながら、将来の進路目標を達成できます。
 2、自己責任で未来を切り拓く学習
  将来像を描き自ら科目選択することで、主体的な判断力が身に付きます。
 3、地域文化継承の学習
  これからの時代にふさわしい地域文化の継承に貢献できます。

(2)特色ある4つの系列
  本校では、2年次から「人文・自然系列」「情報ビジネス系列」「生活・文化系列」「介護・福祉系列」の4つの系列を設けています。系列とは、生徒の科目選択の参考になるよう、専門性において関連する科目を体系的にまとめた科目群のことであり、卒業後の進路を意識する指標となります。


校   章

校章

 本校の校章は、本校近傍にある景勝の地「末の松山」にもあるといわれ、校舎前庭にも植樹されている「三葉の松」をもって構成されたものである。松は質実 であり、風雪に耐えて辛抱強く、その緑は永遠の青年を象徴している。さらに左右水平に引かれた線は、人類愛、真理の探求、美などの世界性を意味している。
 その線上に左右均衡の美をもって「高」を中心に向かい合っている男女両性をあらわす松の葉はその協力による発展向上を示し、より高い理想社会の構築を目指していることを表す。



校   歌

歌詞

校   訓


明朗・誠実・進取

教育方針

「明朗・誠実・進取」を校訓とし、社会に貢献する人材の育成を目指す。


教育目標

(1)未来を切り拓く感性と創造豊かな人間を育てる。
(2)将来の進路への自覚を深め、主体的な判断力と積極的な実践力を育てる。
(3)地域社会に貢献するとともに、生涯にわたって学習する意欲と態度を育て   る。


沿  革

年号 内  容
明治 44 4 4 私立二戸実修学校として「勝伝」(現野里フミエ方本町)宅二階を借りて創設
44 5 25 私立二戸実業学校と校名改称
45 4 1 一戸町・浪打村・鳥海村一町二村組合立実業学校(乙種中等学校)となる
大正 7 4 1 二戸群立女子実業学校となる
10 4 1 二戸群立実科高等女学校(甲種中等学校)となる
  10 6 14 蒔前台地桜ヶ丘の新築校舎に移転
  10 10 13 校舎新築落成式兼開校式を行い、この日を開校記念日とする
  12 4 1 岩手県立一戸実科高等女学校となり、定員160名、校地・校舎の拡張・増築
  12 4 1 寄宿舎開設
  15 4 1 岩手県立一戸高等女学校となる
昭和 9 10 3 岩手県立一戸高等女学校校歌制定
  11 10 13 創立25周年記念式典挙行
  17 4 1 定員400名となる。4教室増築・校庭を拡張
  21 4 1 5年制となり1学級増加、9学級となる
  22 4 1 学制改革により新制中学校併設
  23 4 1 学制改革により岩手県立一戸高等学校と改称、定時制過程を併設
  24 4 1 男女共学により男子生徒25名入学、農学部設置、定員240名となる
  28 4 1 農学部を農業科と改称、定員120名、家庭科を設置、定員120名となる
  31 10 28 岩手県立一戸高等学校校歌制定
  33 10 4 体育館(200坪)落成
  35 3 31 第二校舎(中校舎)新築落成、延573.87m2
  36 9 25 第二校舎(中校舎)増築、延589.38m2、家庭科を移転
  36 10 20 創立50周年記念式典挙行
  38 4 1 普通科第1学年定員150名、ほかに臨時増50名とする。家庭科を家政科と改称
  39 4 1 普通科第1学年定員150名、ほかに臨時増50名となる
  39 5 6 3階建新校舎新築(第1次)落成(校長室、職員室、事務室、6教室)
  40 2 10 新校舎第2期工事竣工
  40 12 25 奥中山実習地(123,463m2)設置
  41 3 31 第三校舎(部室)新築落成
  41 4 1 普通科臨時増100名、家政科定員50名となる
  42 4 1 普通科臨時増50名となる
  43 3 20 校長校舎新築(ブロック建)落成(66.24m2)同物置(4.79m2
  43 3 25 奥中山実習農場に農業実習室(234m2)、農具庫(大農具室:325m2)竣工
  44 4 1 普通科定員192名、農業科定員40名、家政科定員48名となる
  44 12 25 寄宿舎(瑞桜寮)落成
  45 3 31 女子寮、男子寮閉舎
  45 3 31 男子寮一戸町へ返還
  45 3 31 女子寮撤去
  45 10 7 体育館落成(1,596.35m2
  46 1 31 畜産実習室(牛舎:812m2)落成
  46 10 13 創立60周年記念式典挙行
  46 10 31 物置(油庫:3.23m2)落成
  47 2 21 畜産実習室(鶏舎:140m2)落成
  47 4 1 普通科臨時3学級のうち1学級を恒久化、さらに1学級恒久増され、普通科13学級、農業科・家政科各3学級の計19学級となる
  47 8 12 水泳プール(25m、7コース)付属棟(95m2)落成
  48 1 9 農業実習室(収納調整室220m2、貯蔵庫85m2、材料庫80m2、及び肥料室65m2、計450m2)、搬送車車庫(63m2)落成
  48 3 12 農機具実習室(燃料庫10m2)落成
  48 4 1 普通科臨時2学級のうち1学級を恒久化、さらに1学級恒久増され、普通科14学級、農業科・家政科3学級、計20学級となる
  48 7 8 PTA・同窓会共同出資による60周年記念事業の「桜陵会館」が落成、県に寄付採納され所管換えとなる
  48 12 24 農業実習用地(果樹園)6,946m2、岩手県農政部長へ所管換えとなる
農業実習用地として岩手県園芸試験場用地106,275m2所管換えとなる
  49 4 1 普通科臨時増1学級を恒久化、さらに1学級臨時増され、普通科16学級・農業科・家政科各3学級、計22学級となる
  49 7 3 校舎増築工事(職員室、図書室、音楽室、進路指導室、教材質、教室2・トイレ男女各3)落成(1,102.50m2
  50 4 1 普通科1学級臨時増され、普通科17学級、農業科・家政科各3学級、計23学級となる
  51 4 1 普通科1学級臨時増され、普通科18学級、農業科・家政科各3学級、計24学級となる
  51 10 13 必修クラブ用具庫(23.18m2)落成 
  53 12 6 学校用地(2,140m2)の借用地の購入
  53 12 14 奥中山農場に農場管理自習室(実習宿泊室119m2)、作業室(作業準備室64m2)、農業機械実習室(農具室55m2)、園芸実習室(温暖A棟・B棟163.81m2×2)落成
  54 3 31 木造校舎(第二校舎)取り壊し、増築校舎(科学室、美術室、社会科教室、相談室、女子更衣室、書道室、生物室、会議室、調理室、物理室、家庭経営室、被服室、資料室、教材質、暗室、備室8室、教室10室、ボイラー棟)(3,097.70m2)落成
  54 4 1 定時制募集停止
  56 10 13 創立70周年記念式典挙行
  57 3 7 定時制課程閉校式挙行
  57 3 26 奥中山農場に受送電設備1基、農業実習室(土・肥料・資料実験室200m2、作物・畜産実験室200m2)、畜産実習室(堆肥舎240m2)、畜産実習室(飼料調整室572m2)、農業機械実習室(農業機械室279m2)落成
  57 3 31 柔剣道場落成
  57 11 19 寄宿舎置屋根工事完成(寮棟)
  58 11 14 防球ネット完成
  59 3 27 自転車置場完成(3棟)
  59 10 31 第一校舎外壁全面塗装工事完成
  59 11 16 バックネット完成
  60 2 18 防球ネット完成(ハンドボール)
  60 3 6 奥中山農場に園芸実習室(用土室70m2、作業室160m2、風乾室70m2
タワーサイロ1基(直径3.8m、高さ12.8m、ステンレス製)落成
  60 8 1 防球サイドネット完成
  62 3 25 コンピュータネットワークシステム導入
  62 3 25 部室完成(304m2
平成 4 1 家政科学科(定員45名)設置、家政科募集停止
  3 3 14 創立80周年記念事業第1回海外研修実施
  3 3 25 第二体育館新築落成(736m2
  3 10 8 旧女学校校歌歌碑除幕式
  3 10 9 創立80周年記念式典挙行
  4 3 18 奥中山農場に産振施設改修工事(生物工学実験室)完成
  5 4 1 福祉科(定員40名)設置、家政科学科募集停止
  6 1 21 第一体育館(屋内運動場)大規模改修工事完成
  6 3 20 福祉科介護実習室整備及び校舎内部改修工事完成
  7 12 18 奥中山農場実習地(4,518.69m2)を特定事業用財産(道路)編入所管換えとなる
  8 3 25 第一校舎大規模改造事業平成7年度分工事完成(外壁塗装、屋根葺替、窓枠交換)
  8 6 1 情報処理教育設備事業リース方式、パソコン42台設置
  9 1 24 屋外排水設備改修工事完成(新浄化槽設置、排水設備全面改修)
  9 3 7 第一校舎大規模改修工事事業完成(校舎内部大規模改造)
  9 9 30 第二校舎暖房設備改修工事完成
  10 7 30 グラウンド改修工事完成(全天候走路新設、暗渠)
  12 3 24 吹奏楽部活動室(77m2)落成
  12 4 1 農業科募集停止、寄宿舎(瑞桜寮)休寮
  13 3 23 弓道場改築(射場90.11m2、的場36.96m2
  13 4 1 新制服(ブレザー)着用
  13 10 5 創立90周年記念式典挙行
  13 11 24 農業科閉科記念式典挙行
  14 3 1 農業科閉科記念碑除幕式
  15 3 31 寄宿舎(瑞桜寮)廃止
  16 3 5 卒業式において「華一」披露
  17 4 1 総合学科(定員160名)設置、普通科・福祉科募集停止
  17 4 6 総合学科開科式挙行
  19 2 28 普通科・福祉科閉科式挙行
  19 10 26 第一校舎・ボイラー室完成(3,194.41m2
  20 4 1 募集定員1学級減(120名)、文化デザイン系列とグリーンエコロジー系列を生活・文化系列に統合(4系列に再編成)
  20 9 12 第二校舎(2,997.96m2)大規模改造工事完成
  20 11 18 部室完成 
  21 11 12 第一体育館耐震補強等工事完成 
  22  6 22 グラウンド整備工事完了 
  23 10 14 ブロンズ像「夢翔る」除幕式 
  23 10 15 創立100周年記念式典挙行
  27 12 14 奥中山農場の実習地の一部を売却(40.049m2

バナースペース

岩手県立一戸高等学校

〒028-5312
岩手県二戸郡一戸町一戸
字蒔前60の1

TEL 0195-33-3042
FAX 0195-33-2777