本文へスキップ

岩手県立一戸高等学校は岩手県にある総合学科高校です。

総合学科とは総合学科とは

「総合学科」とはどんな学科?

                      出典:文部科学省  http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/seido/04033101.htm
 高等学校には、国語、数学などの共通教科・科目を中心に学ぶ普通科と、工業、商業などに関する専門教科・ 科目を中心に学ぶ専門学科、そして、将来の進路を考え、共通教科・科目と専門教科・科目にわたる幅広い選択科目の中から自分で選択して学ぶ 「総合学科」があります。つまり、各自の個性を生かした主体的な学習・自己の進路志望を深める学習を重視した第3の選択肢の学科といえます。

「総合学科」の特色は?

 総合学科の特色は、以下のとおりです。

@ 将来を見つめ、自分の時間割をつくります

 総合学科にはさまざまな個性をもつ生徒が入学してきます。卒業後の進路希望もさまざまです。総合学科では、生徒が自分の個性をのばしたり、 進路希望を実現したりすることができるように、国語や数学といった普通教科・科目をはじめ、情報や福祉などの専門教科・科目がバラエティ豊かに用意されています。 そのような多種多様な教科・科目の中から生徒一人ひとりが学習内容を選択し、自分の時間割をつくります。その選択が自分の将来の夢や希望を大きくふくらませたり、 自分の得意な分野を伸ばしたりすることにつながります。

A キャリアガイダンスが充実しています

 将来、何をやりたいのかを考え、一人ひとりが自分の時間割をつくる総合学科では、自己の個性を発見したり、 将来の生き方や進路を考え学習や指導を大切にしています。そのため、夢の実現に向けて進むべき進路やそのために必要な科目選択について 担任の先生と相談するキャリアガイダンスが充実しています。

B キャリア教育を重視しています

 キャリア教育は「子ども・若者が、社会の一員としての役割を果たすとともに、それぞれの個性、持ち味を最大限に発揮しながら、 自立していくために必要な能力や態度を育てる教育」を意味します。
 総合学科では、すべての生徒が原則として入学年次に履修する「産業社会と人間」が、キャリア教育の実践の中心的な役割を担っています。 この学習を通じて、地域の産業界等との積極的な連携を図り、多様な他者との関わりの中で自分の将来の生き方や進路について考察し、 興味・関心によって職業との関連を深めることができます。
 また、実際に企業等で職業体験を行うインターンシップも多くの学校で取り入れています。

C 自ら課題を見つけ、自ら解決を図ります。

 学び方を学び、生涯にわたって学び続ける意欲をもつことができるように、自ら課題を見つけ、自分で調べたり、研究したりして、 自分で答えを出す学習を重視しており、総合的な学習の時間において課題研究に積極的に取り組んでいます。
 また、研究成果を発表する機会を設けていて、自分の考えを自分の言葉でわかりやすく他の人に伝えるという活動を通して表現力や コミュニケーション能力を育成することも重視しています。

D 地域と連携した様々な取組をしています

 将来、社会において求められる人材となるためには、地域に目を向け、地域から学ぶとともに、 自分が地域に対して何ができるかを考えながら自ら主体的に活動することが重要です。総合学科では地域の人々から教わったり、 地域に貢献したりするような様々な活動が積極的に行われています。

「総合学科」のカリキュラムは?

 総合学科のカリキュラムは系列によって異なります。系列とは、興味・関心や能力・適正、卒業後の進路希望に合わせて科目を選択する目安になるように、 相互に関連の深い、いくつかの科目をまとめたグループ(科目群)のことをいいます。
 詳細は教育課程をご覧ください。

「産業社会と人間」ってどんな科目?

 「産業社会と人間」は、生徒一人ひとりが自分の将来就きたい職業や生き方について深く考えるとともに、 その実現に向けた学習計画を立案することを指導・援助するための科目です。この科目では、学習が生徒主体のものとなるよう、 地域の教育力を活用した体験活動や調査、研究、発表、討論といった課題探究的な学習を取り入れています。


バナースペース

岩手県立一戸高等学校

〒028-5312
岩手県二戸郡一戸町一戸字蒔前60-1

TEL 0195-33-3042(職員室)
   0195-33-2861(事務室)
FAX 0195-33-2777(職員室)
   0195-31-1951(事務室)
MAIL inh-h@iwate-ed.jp