総合学科高校で未来へ翔たく
岩手県一関市赤荻字野中23-1
   
(0191)25-2241Fax(0191)25-2921(事務室)






【お知らせ】今月の主な二高ニュースです。6月22日(木) 一関第二高等学校創立110周年記念事業「高校生のための文化講演会」が行われました!  

 ホーム> 110周年記念事業 > 高校生のための文化講演会

高校生のための文化講演会topics

6月22日(木) 一関第二高等学校 創立110周年記念事業「高校生のための文化講演会」が行われました。  
 
校長挨拶
 校長挨拶「及川校長が出張のため、代わって一言ご挨拶申し上げます。この度は、本校創立110周年記念事業の一つとして、岩手日報社様と、公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会様の主催の下、また集英社様のご後援を賜り、「高校生のための文化講演会」を開催する運びになりました。生徒の皆さんは、この講演会を一つの良いきっかけにして、自分に磨きをかける一つの手段にしてほしいと思います。それではどうぞよろしくお願いします」と述べ、文化講演会が始まりました。
 この度の文化講演会を主催する岩手日報社様よりご挨拶がありました。「この文化講演会をより一層、実りある、高校生のための考える良い機会になればとの思いと、一関第二高等学校創立110周年の節目にふさわしい講演会になることを祈念し、主催者を代表しての挨拶にさせていただきます」と述べました。  
主催者挨拶
 
集英社様よりご挨拶
 この度の文化講演会をご後援くださいました、集英社様よりご挨拶をいただきました。「わが社、集英社と聞いてどんなイメージを持ちましたか?どんな本を出版している会社だと思いましたか?生徒さんにとってのわが社の本を読まれたこともあるかと思います。今回の講演会にお越しの植島啓司先生の出版された本は幾冊もございます。いつか折に触れて読んでいただければ幸いです」と述べ、文化講演会を開催するにあたってのエピソードが紹介されました。
 
今日のテーマは「出会うチカラ」です!
 今日のテーマは「出会うチカラ」です。日記などに書き留める時などは、悪いことを書かないで、良いことを書き綴るという習慣があると良いです。自分にとって悪いことをクヨクヨと考えないで、良いことを積み上げていく習慣を身につけてください。
 幸運とは、人と人とのつながりの中から生まれていくものです。たとえば、初めて出会った人から爽やかな印象を受け取ったりすることもあるでしょう。そうした印象が後に、気の合った仲間を感じさせることになると思います。自分と合った人、仲間を増やしていくことが大切です。
 人と接する中で、相手を見て、そこから学ぶことができれば良い出会いになると思います。自分で行動を起こしやすいところから考えてみる。判断しやすいところから行動してみる。自分で考えて判断して一つずつ解決していくというのが良い方法であると思います。そのためにも、解決していく手段を探すことも大切な要素の一つになります。
 世界中を旅する中で、その場所へ行ってみて初めて気づくこともあります。たとえばモロッコや南米の国々、そしてインドやネパールなど行ってみて分かることもあります。 ピラミッドや万里の長城を見てください。

外国へ行くことで気づくことがある! 
 
体験を買ってください!
 3つの大切なことをお話します。それは第一に「モノを買うのではなく、体験を買ってください」ということです。自分が相手から何かをしてもらったり、良いことをしてくれた人には、それに見合ったモノをプレゼントしたり、お礼をすることを忘れないでください。このような習慣が自分の中に身についていれば良いと思います。自分に対して何か良いことをしてくれた人に感謝の気持ちを持つことです。その喜びは一生忘れることはないでしょう。
 大切なことの2番目には、贅沢をしないことです。とかく美味しいモノを食べたいとか、新車を買いたいということで新しいモノを買いたがるようです。しかしながら、一つ買ったモノを末永く使う、愛用する心があると良いと思います。古いクルマでも修理をしながら乗っていく中で、自分の中に愛着が生まれます。そういう心を大切にすると良いと思います。贅沢は一週間に一度程度が良いでしょう。毎日毎日、贅沢をしてはいけないと思います。  
贅沢はしないこと!
 
人のために時間を費やそう!
 そして最後に3つ目の大切なことをお話しします。それは人のための時間が必要です。とかく自分のためにだけ時間を費やすモノですが、相手のために、人のために時間を費やすという自分の心の中にゆとりを持った方が良いと思います。常に人のことを考えること、それはすなわち、自分にゆとりを持つことになります。
スウェーデンには「ギャップイヤー」という制度がありまして。高校卒業生の7割近くの人たちが仕事に就く前に「海外に出かけよう!」という制度です。こうした制度は社会にゆとりがないとできない制度かも知れません。どうぞ一人旅に出かけてください。二三人で出かけると、現地の人たちとふれあう時間がなく、仲間だけでコミュニケーションを交わしてしまいがちになります。どうぞ一人で海外へ旅に出かけてみてください。気づくことも多いと思います。そのためにも今から英語を勉強してください。その人とふれあう中で、仲良くなるまでに時間がかかると思いますが、体験を買う旅に出かけてみてください。 
海外へ出かけよう! 
 
今からできることが!
 生徒代表お礼のことばが生徒会長からありました。「この度は私たちのためにお越しいただき、どうもありがとうございました。モノを買うのではなく、体験を買うことという意識を変えることが大切なことと分かりました。また人のことを考えることは今からでもできることだと思います。これからいろいろな体験を積み重ねていこうと思います。本日はお忙しいところ、お越しいただきありがとうございました」と述べました。
 
集英社様より図書寄贈されました!
 最後に後援をいただきました集英社様より本校に対しまして図書の寄贈をいただきます。代表して本校図書委員会委員長が受け取りました。「どうもありがとうございました。みんなで末永く愛読させていただきます」と挨拶しました。