【お知らせ】令和元年11月7日現在の中学生用案内です!   
 





 
   
     
   
   
創  立  明治40年   開校記念日 5月15日 
  校  長  中 崎 ゆかり
  所在地 〒021−0041  一関市赤荻字野中23番地1号
 電話番号   (0191)25−2241(事務室)
(0191)25−2242(職員室)
  FAX番号   (0191)25−2921(事務室)
(0191)25−5432(職員室)
  ホームページアドレス   http://www2.iwate-ed.jp/ic2-h/
 交通機関   東北本線一ノ関駅から徒歩で35
 一ノ関駅から クルマで10分
(一関清明支援学校行き、又は清水校舎行きで
 一関二高前下車)
 
   
 
     
     
    1.設置学科
 課程  科名  設置年度  令和元年度 生徒数   
 1年 2年  3年  合計 
 全日制 総合学科   平成16年度  200名 199名  212名  611名 

 
    2.本校の目指す生徒像
 本校は「自主の心・意志の力・創造の意欲」を校訓とし、自主的精神と強い意志をもち、豊かな創造力に富む人間の育成を目指している。特に次の諸点を重点としている。

 1 個性の尊重と調和
  心身の健全な発達をはかり、個性を磨くと共に、社会の一員として調和の
  とれたたくましい人間を育成する。

  2 自主と自立
  主体的、意欲的に学習する態度を身につけ、真理を探究し、社会に貢献で
  きる人間を育成する。

  3 豊かな感性と創造力

  豊かな感性と創造性に富んだ、意欲あふれる人間を育成する。
 
 

 
     3.令和2年度の入学者選抜方法について  
 

 1 推薦入学者選抜

  @ 募集課程・学科・定員
     全日制課程総合学科・20人(全募集定員の10%)
  A 推薦基準

    次の1〜4の条件を満たした上で、5の条件のいずれかに該当する者
    1 本校の教育を受けるに足る能力・適性を持つ者 
    2 基本的な生活習慣が身に付いている者  
    3 志望理由が明確かつ適切で、本校入学後も意欲的な高校生活を送ることが期待される者
    4 中学校3年間の欠席日数が原則10日以下の者(特別な事情がある場合を除く)
    5 スポーツ、文化・芸術等で次のいずれかに該当する者
      なお、(1)〜(3)は応募資格Aに該当する
    (1)運動部に所属して中学校3年間活動を続け、岩手県高等学校体育連盟強化拠点校として
       指定されている本校フェンシング部(男・女)及びソフトボール部(女)のいずれかへ
       の入部を希望し、3年間続ける意志があり本校入学後、活動が期待される者
    (2)中学校体育連盟・中学校文化連盟等が主催する各種大会において、地区予選を経て
       県大会以上の大会に出場し、本校入学後も活躍が期待される者
        ただし、団体の場合はエントリーメンバーであり、地区予選がない大会等では、
       県大会ベスト8以上の成績を収めた者
    (3)生徒会活動や校外活動(体育分野、文化・芸術分野、各種発表会・コンクール等)で
       顕著な活動が認められ、本校入学後もリーダーとして活躍が期待される者
  B 検査内容
    1 面接
      個人面接(15分程度)
    2 小論文
      設問に対する自分の意見を600字程度でまとめる。(50分)
  C 選抜方法
    1 調査書(110点)
      「各教科の学習の記録」
      [1年の9教科の評定合計(45点)
           +2・3年の9教科の評定合計の2倍(180点)]225点を110点に圧縮
    2 実績(100点)
      調査書及び志願理由書に記載されている実績
    3 面接(50点)
    4 小論文(40点)
      <合計 300点>
    ※ 合計点をもとに、総合的に判断して選抜する。

2  一般入学者選抜
   @ 募集課程・学科・定員
     全日制課程総合学科・全募集定員200人から推薦入学者選抜合格者数を除いた数。
   A 選考割合
     
A選考 70%(学力検査5:調査書等5)B選考 20%(学力検査3:調査書等7)
     
C選考 10%(学力検査7:調査書等3)
   B 小論文・作文、適性検査、傾斜配点、面接の実施
     小論文・作文、適性検査は実施しない。 傾斜配点は無し。
     集団面接を実施する。

 
 
  4.特色ある教育活動
 
 
1  総合学科
 平成16年4月1日に、一関農業高等学校と旧一関第二高等学校が統合し、県内3番目の総合学科高校として新しいスタートを切りました。総合学科は、生徒の多様な能力、適性、興味関心、進路希望等に対応できるよう、普通科・ 専門学科と並ぶ、第3の学科として誕生した学科で、将来の進路をじっくりと見据え、普通科目と専門科目にわたる幅広い科目の中から自分で選択して学ぶことができます。一関第二高等学校総合学科は、将来の進路を考えながら主体的に学ぶ高校です。

2  学校生活
 本校は一ノ関駅から3q離れた磐井河畔に約6万
uの広大な敷地をもち、生徒達は恵まれた環境と112年の伝統に培われた校風のもと、学習に部活動にそれぞれ意欲的に取り組んでいます。学校行事も、クラスマッチ・二高祭・修学旅行等と多彩であり、生徒達は充実した高校生活を送っています。

運動部
 陸上競技・バスケットボール・ソフトテニス・卓球
 バレーボール・サッカー・柔道・硬式野球・水泳
 ソフトボール・フェンシング・弓道・バドミントン

 文化部
 音楽・書道・美術・文学・理科研究・茶華道・写真
吹奏楽・JRC・演劇・太鼓
道場・英語研究・商業研究



 
 
 5.校長より一言
 
 

 本校では、自主的精神に満ち、豊かな感性と創造力に富んだ、意欲あふれる人間を育成することを教育目標に掲げております。変革の時代と言われる今日ですが、いつの時代にあっても社会に適応できる自立した社会人として「知・徳・体」を総合的に兼ね備えた人間の育成は教育の原点です。本校は、校歌の一節にある「自主の心」「意志の力」と「創造の意欲」の校訓の下、「文武両道」を基本精神とし、創立以来、学習・部活動の両面において着実に成果を上げてきました。また「総合学科」の特色を生かし、生徒の多様な進路希望に応じた学習の充実に努めています。恵まれた教育環境、明るく、落ち着いた雰囲気の中で、生徒達は自分の個性や能力を十分に発揮し、充実した高校生活を送っております。
 皆さんも本校で将来の夢に向かって思い切り可能性に挑戦してみませんか。意欲的な生徒の入学を期待しています。
 
  
 

6.授業料無償制見直しに関する県教育委員会からのお知らせ                               

「公立高等学校修学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ」

(1)平成26年度から県立高校の授業料に、高等学校等就学支援金制度が導入になりました。

(2)この制度により、
一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要となりました。

(3)
一定の所得未満とは、保護者等の道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合算額が50万7,000円未満です。
(4)手続きについては、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について詳しくお知りになりたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」をご覧ください。

      http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm


【参考】県立高校授業料・通信制受講料
     全日制 (月額)9,900円 定時制 (月額)2,700円 通信制(1単位)190円
 
     
     
   TOP