総合学科高校で未来へ翔たく
岩手県一関市赤荻字野中23-1
   
(0191)25-2241Fax(0191)25-2921(事務室)






【お知らせ】今月の主な二高ニュースです。2月1日(金) 3学年では2学期末考査が行われました!  2月5日(火) 2年生ビジネス系列の生徒たちが、盛んに簿記に取り組んでいます! 2月7日(木) 1・2学年 2期末考査が始まりました! 2月14日(木) 農業系列で科目「農業機械」でベンチを作りました! 2月15日(金) 農業系列では「調理」でガトーショコラの製造実習が行われました! 2月19日(火) 1学年では「心肺蘇生法実習」が始まりました! 演劇部では、第3回校内発表会で「アイル」を上演しました! 清水農場では「梨の木の剪定」を行いました! 環境系列では、「食品加工基礎」でシフォンケーキを作りました! 2月20日(水) PRICの活動として「せんまやひなまつり」でビジネスプランを検討しました!

 ホーム> 二高ニュース > 2月の二高ニュース

2月の二高ニュースtopics

2月1日(金) 3学年第2期末考査が行われました。  
   3学年では2期末考査が始まりました。最後の定期考査になります。今までの集大成、しっかりと取り組んでください。


2月5日(火) 2学年ビジネス系列の生徒が今、盛んに簿記に取り組む中、休み時間の一コマ!  
   2学年ビジネス系列の工業簿記検定対策を実施中です。2月17日(日)の検定試験に向けて、ただ今特訓中です。その休み時間の一コマ、みんな黄昏れていました。


2月7日(木) 1・2学年の2学期末考査が始まりました。  
   今日から2月13日(水)までの日程で、1・2年生の2学期末考査が始まりました。来年度に向けて、その力を発揮するときです。自分の可能性を引き出すチャンスにしてほしいと思います。寒暖差が激しかったり、インフルエンザなどが流行っている中ですが、しっかりと学習に専念する時期です。


2月14日(木) 農業系列で科目「農業機械」でベンチを作りました。  
   
 農業系列では、「農業機械」の科目の中で木製のベンチを製作しました。早速、清水農場から本校舎に運び、中崎校長先生に報告しました。座ってみて、なかなか良い座り心地です。木製ベンチは、生徒昇降口奥のコミュニティーホールで披露されています(2/22まで)。


2月15日(金) 農業系列では「調理」で、ガトーショコラの製造実習が行われました。  
   



2月19日(火) 1学年では「心肺蘇生法実習」が始まりました。  
   
   


2月19日(火) 演劇部は、第3回校内発表会で「アイル」を上演しました。  
   
   
   
 演劇部では、第3回校内発表会「アイル」を上演しました。アイルは高度知能搭載成長学習型ロボット。一人の女性との生活を通して人間と同じように学習し成長していく「家族」の物語です。1枚の写真をきっかけに出会った少女にアイルが語ったのは・・・
今回も、熱のこもった演技を披露していました。


2月19日(火) 清水農場では、「梨の木の剪定」を行いました。
   
 今年の冬は、降雪も少なく、年が明けた2月には、「梨の木」の剪定作業を行うことができました。農業科目の選択生は、剪定ばさみを片手に、先生の指示に従って剪定を行っていました。小さなところへの目配りが大切なようです。また、隣のビニールハウスでは温かな環境の中で、色とりどりのサイネリアが今、盛んに咲き誇っていました。卒業式には綺麗なサイネリアを提供できそうです。


2月19日(火) 環境系列では、「食品加工基礎」でシフォンケーキを作りました。
 
玉子をボールに入れて、メレンゲを作ります!
 
型に入れて、焼いて、出来上がり!


2月20日(水) PRICの活動として、「せんまやひなまつり」でビジネスプランを検討しました。
   
   
 ビジネス系列2年生の講座である「ビジネス基礎」の一環として、一関活性化プログラム(PRIC:通称プリック)を実践しています。そこで今回は、2019年のテーマを2年生の生徒みんなで決めてから「せんまやひなまつり」に参加する生徒を決めました。選ばれた生徒の役割はイベントを盛り上げるためには、どのようなプロモーション戦略が必要か?観光客を取り込むための具体的な、日本文化を意識したアピールができないか?などの課題に取り組みました。課題提供者は、一関スマートフォンマーケティング協会の会長である菅原利和氏でした。菅原貸衣装店のご協力をいただきながら、「振り袖着付け体験」を通して見える販売線略を探りました。その具体策を考える足がかりとして千厩にある、カメラのOGATA代表である尾形竜一氏からカメラ撮影に関する技術指導をいただき、ビジネス系列の生徒2名が撮影を試みました。その後、せんまやひなまつり実行委員会の会長である昆野洋子様と座談会を開き、参加した二高生4名は、これまでの12回に渡るお祭りの経緯をはじめ、さまざまな疑問を投げかけていました。


2月27日(水) 2019PRIC第5回研修会で「せんまやひなまつり」報告会と座談会を行いました。
 
2019一関活性化プログラム(PRIC:通称プリック)第5回研修会をコンピュータ実習室で行いました。テーマは「一関から世界へ、サブテーマを「インスタ映えで日本文化をアピール」として、「せんまやひなまつり」振り袖体験からのビジネス・プラン報告会を行いました。座談会では、「世界遺産で有名な平泉町を訪れる海外からの観光客をどのように千厩に誘客できるか」についてディスカッションを行いながら、講師であるカメラのOGATA代表尾形竜一様に提案するとともに、一関スマートフォンマーケティング協会の会長である菅原利和様には「自分が良いと思う身近な観光スポット」をみんなで一人1スポットを提示し合う、楽しいひとときを過ごしました。これからはそれらのスポットをマップにするなどの提案も出され、一関の活性化につながる新たなビジネスモデルが提案されました。


2月27日(水) 2学年の「総合的な学習の時間」では、今年度の総括として「研究発表会」が行われました。
   2学年の「総合的な学習の時間」では、これまでの調べ学習の成果を発表する機会を設けました。自分たちのテーマに沿った調査ができているか。この調べ学習から、どのような方向づけをしていくのか。今のところの問題点を洗い出し、その解決に向けた方策の検討など、クラス毎に発表報告会が行われました。
二高生としての視点から課題を見つける良い機会になりました。友だちがどのような内容で調べているのか、相手の発表を聞くことで、自分の糧にすることもできた様子でした。