総合学科高校で未来へ翔たく
岩手県一関市赤荻字野中23-1
   
(0191)25-2241Fax(0191)25-2921(事務室)






【お知らせ】今月の主な二高ニュースです。2月1日(木) フェンシング部が第39回青少年ライオンズ賞を受賞しました! 1学年の生徒を対象に「インターネット利用安全講演会」が行われました!  3学年では2学期末考査が始まりました!  2月6日(火) 3学年では2学期末考査を終えて、学年集会を行いました! 1学年「産業社会と人間」では「3年生から進路を学ぶ」をテーマに講演会が行われました! 2月8日(木) 1・2学年では、2学期末考査が始まりました! 2月20日(火) 1学年では、心肺蘇生法実習が始まりました!1組と2組の実習を行いました! 2月21日(水) 1学年、心肺蘇生法実習の2日目です!3組と4組の実習を行いました! 2月22日(木) 1学年、心肺蘇生法実習、最終日を迎えました!5組と6組の実習です! 2月27日(火) 1学年「産業社会と人間」では、主権者教育が行われました!

 ホーム> 二高ニュース > 2月の二高ニュース

2月の二高ニュースtopics

2月1日(木) フェンシング部が第39回青少年ライオンズ賞を受賞しました。  
   フェンシング部は、第39回青少年ライオンズ賞を受賞しました。このライオンズ賞は、今年度のフェンシング部の輝かしい活動実績やインターハイなどの各種大会において優秀な成績を納めたその功績を讃え、青少年ライオンズ賞をいただきました。さらに精進し、来年度に向けて頑張る意志を固めました。ありがとうございました。


2月1日(木) 1学年の生徒を対象に「インターネット利用安全講演会」が行われました。  
   1学年の生徒を対象に「インターネット利用安全講演会」が大講義室で行われました。講師には一関警察署生活安全課の方をお招きして、主にインターネットを利用する際の注意事項をはじめとして、安易にSNS等を使って情報を流さないなどの注意を促す講演会となりました。1学年の生徒たちは、インターネットの利用について、改めて見つめ直す良い機会になりました。


2月1日(木) 3学年では「2学期末考査」が始まりました。  
   3学年では、今日から2月6日(火)までの日程で2学期末考査が行われました。それぞれの系列に分かれ、3学年を締めくくる意味での大きな節目となる考査とあって、生徒たちは真剣に取り組んでいました。


2月6日(火) 3学年では2学期末考査を終えて、学年集会を行いました。  
   2学期末考査を無事に終えて、その後、大講義室において3学年集会を行いました。主に生活指導をはじめ、進路先の決定者には進路先との連絡対応、大学受験予定者には受験の留意事項など、細かな確認を行いました。


2月6日(火) 1学年「産業社会と人間」では「3年生から進路を学ぶ」講演会を行いました。  
  1年生の「産業社会と人間」では、3年生が2学期末考査を無事に終えたところで「3年生から学ぶ進路」をテーマにいくつかの質問に答えていく講演会を行いました。「高校3年間で印象的なことは何ですか?」「最も学習した教科は何ですか?」「面白かった教科または科目は何ですか?」 などの質問に対して、自然系列、看護、家庭、福祉、環境ビジネスの系列ごとに3年生の代表が壇上で1年生に向かって回答していました。どの系列でも一生懸命学習に取り組み、系列毎に特徴のある二高生活であったと3年生のコメントが印象的でした。3年生の経験談を参考にして、次年度から1年生はそれぞれの系列に分かれて学習をすすめることになります。


2月8日(木) 1・2学年では、2学期末考査が始まりました。  
 
1年1組
 
2年2組
 今日から1・2学年では、2学期末考査が始まり、生徒たちは真剣に与えられた問題に取り組んでいました。一年間の学習を総まとめする意味での考査になります。計画的に学習を進め、今までの学習を振り返り、理解できなかったところをこれから時間をかけて確認するために、時間を有効に活用してほしいと思います。じっくりと学習を振り返る習慣が身に付くことを期待します。


2月20日(火) 1学年では、心肺蘇生法実習が始まりました。  
   
   
 体育科による心肺蘇生法実習が今日から3日間の日程で始まりました。1組と2組の生徒を対象に大講義室で行われました。一関消防署の方々を講師にお迎えして、心肺蘇生法の実習がなぜ必要なのか。どのようにすれば良いのかなどについての講義を受けました。「AEDが学校のどこにありますか?」など、署員の方からの質問に対して生徒が的確に答える場面があり、救命救急に対する意識は高いと感じました。明日は3組と4組の実習になります。

2月21日(水) 1学年、心肺蘇生法実習の2日目です。3組と4組の実習です。  
   
   
   
   
 心肺蘇生法実習2日目を迎えました。今日は1年3組と4組の実習が行われました。はじめに、救急に関する基礎知識としての講義を聞き、救急車が到着するまでに取り組むべきことを学びました。つぎに「人工呼吸法」をについて一関消防署の方々のご指導の下、実習しました。倒れて負傷した人に対する「意識の確認」では、照れ笑いもありましたが、大きな声ではっきりと真剣に取り組んでいました。


2月22日(木) 1学年、心肺蘇生法実習の最終日です。5組と6組の実習です。  
   
   
   
   
 心肺蘇生法実習、最終日を迎えました。今日は5組と6組です。最初に講義を受け、心肺蘇生法の基礎知識について学びました。実際に倒れた方がいらっしゃったとき、どのように対応したら良いのかを一関消防署員の方々から寸劇でその手順についてお手本を見せていただきました。引き続いて、各班に分かれて実習しました。自分一人で取り組むのではなく、近くにいる方々に協力をしてもらって初めて救急行動ができることに気づいた様子でした。


2月23日(金) 3学年では、保健講話を行いました。  
   
  3学年の保健講話では、はじめに性に関する講話をいただきました。養護教諭から「これからの二高卒業後の生活も今までどおり規則正しい生活を心がけてほしい」と話がありました。引き続いて、それぞれの担任、副担任の先生方から「卒業にあたって」というテーマで教科の枠を越え、朗読もあり、悩みに関する話やこれからの人間関係について、そして温かい家庭を築いてほしいなど来たるべき4月からそれぞれの地で新たな生活を迎えることにあたっての講話が行われました。 


2月27日(火) 1学年「産業社会と人間」では、主権者教育が行われました。  
   
   
 1学年「産業社会と人間」では「主権者教育」が講師に県選挙管理委員会事務局の布佐昭彦様をお招きして行われました。選挙権年齢が18歳に引き下げられたことから、選挙に参画する意識を高めるために今回の講義を行うことになりました。1学年の生徒たちは、選挙に対する理解を深め、また本物の投票箱と本物の投票用紙を使って、一人ひとり模擬投票をしました。少し緊張気味でしたが、しっかりと取り組んでいました。