総合学科高校で未来へ翔たく
岩手県一関市赤荻字野中23-1
   
(0191)25-2241Fax(0191)25-2921(事務室)






【お知らせ】今月の主な二高ニュースです。1月8日(月) 新春恒例の大船渡駅伝に出場しました! 1月9日(火) 授業始め式が行われました! 冬季休業明け課題テストが行われました! 1月16日(火) 産業社会と人間では、「ポスターセッション」が行われました! 1月18日(木) 創立110周年記念小史が発刊され、全校生徒に配布されました! 3年生「体育3」では、「2018ダンス発表会」が行われました! 1月19日(金) 第31回岩手県高等学校文化連盟一関支部主催「合同作品展」が行われました! 

 ホーム> 二高ニュース > 1月の二高ニュース

1月の二高ニュースtopics

1月8日(月) 新春恒例の大船渡駅伝に出場しました。  
   
   
   
陸上部にとっては新春皮切りのレースも恒例になりましたが「大船渡駅伝」に出場しました。さらにPTAの方々や教職員もチームを組んでの出場となりました。陸上部の部員も、PTAの方々、そして先生方も互いに応援し合いながらの力走を見せました。 さらに参加の輪が広がることを期待します。


1月9日(火) 授業始め式が行われました。  
   「新年、明けましておめでとうございます」と開口一番、及川校長が全校生徒に新年の挨拶をしました。校長講話では、「3年生はこれからが勝負、精一杯頑張ってほしいと思います。1・2年生は、さらに努力を惜しまず進んでほしい。自分の成長のためにも、努力を忘れず、生活していきましょう」と訓話しました。

   校長講話の後、保健体育担当の講師として着任した佐藤美和先生が全校生徒に紹介されました。「3年生にとっては僅かな期間ですがよろしくおねがいします」と、佐藤先生が挨拶し、本校の卒業生であることを告げられると、生徒は少し引き締まった様子で耳を傾けていました。


1月9日(火) 休み明け課題テストが行われました。  
 
1年2組
 
2年3組
 冬季休業が明けての初めての課題テストが行われました。今までの冬季課外や普段の授業の進度に対してどれだけ理解が深まっているかを測るテストでもあります。1・2年の生徒たちは皆真剣に取り組んでいました。
一つの大きな課題としては、「学力を伸ばすためにはどのように指導すれば良いか?物事を論理的に考え、その下支えとなる思考力を深めるには、どのような指導がふさわしいか?」という問題を抱えながら、その対応策を考えさせられる時期を迎えています。


1月16日(火) 産業社会と人間では、「ポスターセッション」が行われました。  
   
   
 1年生の「産業社会と人間」では、これまで2年生が調査研究を進めていたことを一枚にまとめたポスターを壁に貼るスタイルで「ポスターセッション」が行われました。1年生は、来年から始まる調査研究を進める上での参考にしようと、真剣に先輩の調査発表に聞き入っていました。興味関心のある調査研究ポスターの前に立って先輩の発表を聞きます。言いたいことを伝えられるか、口頭発表の難しさを体験していました。


1月18日(木) 創立110周年記念小史が発刊され、全校生徒に配布されました。  
   
 
1年2組
 
2年4組
 創立110周年記念事業実行委員会では「創立110周年記念小史」を発行し、本日全校生徒には4校時ロングホームルームの時間に配布ました。この小史は平成20年の記録から「101本目の華」に始まり、平成21年度は「夢のつぼみを開かせて学舎に綴る新たな歴史」、平成29年度には「二高協奏曲、110個の音色が今一つに」と題して、総合学科高校としての歩みが掲載されています。どうぞ、ご覧ください。


1月18日(木) 3年生「体育3」では、「2018ダンス発表会」が行われました。  
   
   
   
 体育3の授業では、これまでダンス発表会に向けて練習を重ねてきました。ダンスは、みんなで一緒に取り組むことができることや、運動に得意や不得意にかかわらず比較的簡単に動きを合わせることができ、リーダーシップを醸成することができ、3年生にとっては、社会性を身につけるためにも効果的であるとも言われています。グループをまとめるための心構えから息を合わせるためのポイントを自ら学ぶ良い機会になった様子でした。


1月19日(金) 第31回岩手県高等学校文化連盟一関支部「合同作品展」が行われました。  
第31回岩手県高等学校文化連盟一関支部主催合同作品展が1月19日(金)より21日(日)まで、なのはなプラザ2階にぎわい創造センターで行われました。美術工芸や書道、そして写真の各部門に分かれての作品展です。日頃市内の高校生が部活動などを通じて取り組んできた集大成です。高校生の意外な発想や微笑ましいシーン、そして卓越した素材の組合せなど、その本領を発揮した作品ばかりでした。 次の作品は二高生の力作です。