総合学科高校で未来へ翔たく
岩手県一関市赤荻字野中23-1
   
(0191)25-2241Fax(0191)25-2921(事務室)






【お知らせ】4日(月)演劇部定期公演が行われました! 9日(土) PTA教育振興会定期総会が行われました!14日(木) 前期生徒総会が行われました! 高総体壮行式が行われました!

 ホーム> 二高ニュース > 5月の二高ニュース

5月の二高ニュースtopics

 5月4日(月) 演劇部定期公演を行いました。  



 今年度の今年度の演目は、「昭和みつぱん伝〜浅草・橋場2丁目物語〜」戦争という暗い影が忍び寄る中、2人の女学生が抱えている葛藤や友情を描いた舞台です。一関市民文化センターにおいて、恒例となりました演劇部による定期公演が行われました。

 5月7日(木) PRIC(一関活性化プログラム)第1回研修会を行いました。  
     
今年のテーマは、「2015 The Need to Innovate 4年目集結!」に決定し、第1回目の研修会を開催しました。講師には一関スマートフォンマーケティング協会の会長である菅原利和さんをお迎えし、「ご当地もちサミットもちキャラがLINEスタンプ化に決定」と題して講話をいただきました。その後、3年生が中心となって、一関市の活性化へ向けた情報発信についてディスカッションを行いました。

 5月9日(土) PTA講演会を行いました。  
   PTA教育振興会定期総会に先立って、PTA講演会が行われました。講師には株式会社ラシーマ所属の島袋勉さんをお迎えして講演会を行いました。演題は「夢をあきらめない」ということで、自身の事故体験から「自分で出来ないとか、無理だという決めつけは、自分で終止符を打つようなものである。前を向いて歩むと、どんな逆境でも打ち勝てる」というお話でした。生徒にとって勇気づけられた講演会になりました。

 5月9日(土) PTA教育振興会総会を行いました。  
   5校時に授業参観を行った後、PTA講演会を第1体育館で開催しました。その後、大講義室において「平成27年度PTA教育振興会定期総会」を行いました。

 5月12日(火) 1学年では「農場見学」を行いました。  
   
   
 1学年の生徒たちは、清水農場に移動し、「農場見学」を行いました。ビニルハウスでの実習を中心とした学習や、農業機械を使用した実習について説明を受けました。また、食品製造について加工の工程などについて学びました。

 5月13日(水) 一関活性化プログラム「LINEスタンプ発表会」を行いました。  

小野寺嘉奈さんの司会でオープン

実行委員会副委員長 東海林明弘さん

一関スマートフォンマーケティング協会 会長 菅原利和さん
 
LINEスタンプの発表です
 
佐々木啓校長より挨拶
 
もちソングでエンディング
 2014年より一関スマートフォンマーケティング協会の菅原さんから依頼を受けて、一関活性化プログラムという地域活性化のための独自のプログラムを立ち上げ、「全国ご当地もちサミット」のLINEスタンプを制作してきました。これまでは、もちサミット実行委員会へ「もちのキャラクター」を提案し公認されたことから、さらにLINEスタンプの制作を手掛けました。
2015年にLINE本部より認可されたことを受け、一関市役所商業観光課の岩渕伸さんのご指導の下、「スタンプ発表会」を行いました。この発表会は環境ビジネス系列の3年生と2年生の商業科目選択生により盛大に行いました。このことで一関市が少しでも活性化することを願っています。

 5月13日(水) ふれあい看護体験を行いました。  
   自然系列の選択生が「ふれあい看護体験」を行いました。実際の病院という施設に赴いて、看護について体験するプログラムです。参加した生徒は、普段の学校では得られない貴重な体験をすることができ、さらに看護に対する意欲が芽生えた様子でした。

 5月14日(木) 2学年「総合的な学習の時間」で研究テーマを絞りました。  
   2学年の「総合的な学習の時間」において、ポスターセッションを進めるに当たっての今後の研究計画について確認し合いました。はじめに一関市立博物館での見学から一関市を知り、個別に研究テーマを決め、ポスターセッションの準備に取りかかるものです。どのような研究テーマになるのか、乞うご期待です。

 5月14日(木) 県高校総体壮行式が行われました。  
   いよいよ高校総体が始まります。一関地区の予選を勝ち抜いた各部の代表選手は「一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします」と力強くあいさつしました。二高生の活躍に期待します。頑張ってください。


 5月14日(木) 前期生徒総会を行いました。  
 
校長あいさつ
 
生徒会長あいさつ
 
議長団が議事を進める
 
商業研究同好会のメンバー確定
前期生徒総会が行われました。校長あいさつでは「生徒会は何のためにあるのかを考えてください。選挙権が18才からになり、来年の参院選で投票することになりそうです。社会に出たら市議会や県議会があること、そこに社会の一員として投票することを忘れないでください」と述べました。また生徒会長から「 服装を見直してみてください。自転車走行、しっかりしていますか?何も言うことなくしっかり出来るようにしてください」と述べ、目指すべき二高生について、全校生徒を前に思いを述べました。審議もスムースに進められ、最後に商業研究同好会のメンバーが確定したことが報告されました。(広報委員会より)

 5月15日(金) 108回目の開校記念日を迎えました。  
 
2年1組 朝のHRにて
 開校から108年目を迎えました。開校記念日にちなんで、スクールカラーの青いクリアファイルが全校生徒に配布になりました。初代校長 鈴木勝二郎先生と創立当初の校舎が紹介されています。有効活用をしてほしいと思います。

 5月15日(金) 環境ビジネス系列の農業科目選択生が田植え実習を行いました。 
   春の良い天気に恵まれ、環境ビジネス系列の農業科目選択生らは、清水農場で田植え実習を行いました。みんなで手植えをしたり、田植機を使っての実習と、良い実習が出来ました。これから秋の収穫が楽しみです。

 5月15日(金) 商業・情報科で授業研究会を行いました。 
   環境ビジネス系列で商業科目を選択している2年生の「ビジネス実務」の授業研究会が行われました。今日は、電卓によるビジネス計算の授業を北教諭が行いました。複利終価や複利現価に関する計算をはじめ、利回りや証券投資に関するビジネス計算の問題に取り組みました。

 5月20日(水) 2学年「総合的な学習の時間」に一関市立博物館見学会を行いました。 
   
2学年の「総合的な学習の時間」に、一関市立博物館を見学しました。2学年では「一関学」と称して地域を知り、その歴史と文化に触れ、新たな課題を見つけ出すために企画しました。この「一関学」の研究から地域について知識を深めます。 

 5月23日(土) 商業研究同好会「ワープロ班」が県ワープロ競技大会に出場しました。 
   
 「平成27年度岩手県高等学校ワープロ競技大会」「第43回東北六県高等学校ワープロ競技大会」県予選会に出場しました。強豪校である商業高校と戦い、良い経験を積み重ねることができました。つぎは新人戦に向けて頑張りたいと思います。

 5月26日(火) 県高校総体開会式に参加しました。 
   灼熱の 太陽の下、県営運動公園陸上競技場において今年度も盛大に開会式が開催されました。本校も堂々たる行進でした。選手へ想いを届ける応援、 団長を筆頭に、二高生一同、応援しています! 


 5月29日(金) 清水農場では田植えを終え、そこに合鴨を放ちました。 
   清水農場では、先日田植えを終えたばかりで、今日は天候にも恵まれ、近くの幼稚園・保育園児らと共に、田んぼに合鴨を放ちました。これは無農薬農法の一つで田んぼに合鴨を放つことで害虫駆除、除草効果が期待でき、品質の良い稲に生育すると言われており、今年も良質のお米が収穫できそうです。農業科目選択生らも、楽しそうに実習していました。

 5月29日(金) 高校総体が始まりました。バスケットボール競技に出場しました。 
 
  県高校総体バスケットボール競技会が奥州市総合体育館で開催されました。男子は岩手高校と対戦し惜しくも敗れました。女子は葛巻高校に勝利し、ベスト16となりました。応援ありがとうございました、

 5月29日(金) 高校総体 柔道競技会に出場しました。 
   
盛岡市の県営武道館において柔道競技が行われました。男子は団体戦に出場し、善戦しましたが決勝トーナメントに出場できませんでした。応援ありがとうございました。 

 5月29日(金) アンゴラと第1回オンライン会議を行いました。 
   午後4時00分から5時30分にかけて、語学実習室(1)においてアフリカ大陸にあるアンゴラと第1回オンライン会議を行いました。参加した生徒達は1〜3年生22名が集まり、日本とアンゴラについて質問をし合いながら、有意義な時間を過ごしました。こうした機会がある度に、英語に触れることができ、生徒達も「これからが楽しみです」とコメントしていました。