【附属中】学力推移調査分析会の実施

 

 

 

平成30年度 岩手県立一関第一高等学校附属中学校

 

学習指導の充実と学力向上

 

学力推移調査分析会の実施

 

 

○7月26日(木)にベネッセコーポレーションから講師を招聘して、学力推移調査分析会を実施しました。

 

○本校の学習到達ゾーン(GTZ)の状況、学習実態調査の結果のほか、進路学習の要点等を共有することができました。

○講師の指導・助言(抜粋)

○現在の3年生は、入学当初(第1回)に少なかったSゾーンやAゾーンが、現在はたいへん多くなっています。

○現在の2年生も、3年生と同様に、SゾーンやAゾーンが、増加しています。

○現在の1年生は、学習実態調査において「勉強が楽しくやる気に満ちている」が22.5%(全国10.5%)と高めに出ており、今後も継続させることにより、現在の3、2年生と同様の伸びが期待できます。

 

Upcomming Events