【附属中】中高合同の授業納め式

 

 

 

平成30年度 岩手県立一関第一高等学校附属中学校

 

「附中アイデンティティ」の再確認と特色ある教育活動の展開

 

中高合同の授業納め式

 

 

 

○7月23日(月)に中高合同の授業納め式を行い、校長講話では、これまでの取組を振り返るとともに、今後、期待したいこと等を全校生徒に伝えました。

校長講話(抜粋)

 

○ここにいる君たち全員は、一関一高という集団を形成する大切なメンバーの一人であり、自覚と誇りをもってあらゆることに挑戦して欲しいと願っています。

 

○これから大切なことは、どうせ無理だとあきらめてしまわないことです。

 

○君たちには、できない理由を探すのではなく、できる方法を考え、行動する人であって欲しいです。

 

○心身の健康を第一に、それぞれの目標をもって有意義な夏休みを送り、休み明けに元気で全員笑顔で会いましょう。

 

 

 

 

 

 

「校長室だより」より

 

・鍛錬千日之行 勝負一瞬之行

 

・天才とは蝶を追っていつの間にか山頂に登っている少年である

 

・散歩のついでに富士山に登った人はいない

 

・やっぱり、散歩のついでに富士山には登れない

 

・蝶を追う楽しさを知った分だけ、努力は楽しくなる

 

 

Upcomming Events