【附属中】附中タイムにおける読書活動

 

 

平成30年度 岩手県立一関第一高等学校附属中学校

 

図書館機能(読書指導)・ICT等の充実

 

附中タイムにおける読書活動

 

 

言語感覚を磨き、豊かな心を育成するために附中タイムを設定しています。

〇毎朝10分間、落ち着いた雰囲気のもと読書に取り組んでいます。

朝読書に集中する生徒の姿は頼もしい限りであり、教養ある大人のなってほしいと願っています。

 

読書指導の基本目標

生徒一人一人が良書に親しみ、心豊かな生活が送れるよう、望ましい読書習慣の育成を図る。

〇生徒の読書活動が、言葉を学び、感性を磨き、創造力を豊かなものにしていくものであることを意識して、各教科や道徳・総合・特別活動を通じ、意図的・計画的に指導する。

〇生徒が自らの課題を見つけ、考え、主体的に学びとることができるよう図書の充実と環境の整備に努める。

Upcomming Events