【附属中】離任式と校長退任式

○3月22日(木)に離任式と校長退任式を行いました。

○離任式では、校長先生から本年度の定期人事異動により退職・異動する教職員が紹介され、その後、一人一人からの挨拶がありました。

○離任式後、校長退任式を行いました。

○岩手県内の学校に38年間勤務され、今春、退職される校長先生からの挨拶がありました。

○主な挨拶の内容は、次のとおりです。

・誇らしく思えることは、一関一高、附属中学校の校長であることです。

・この先、自分のことは自分で思い通りにできると思って生きていって欲しいと思います。

・「結果の伴わない努力を努力と言わない」、「努力は裏切らない」、「努力は報われない」、「良い結果が出ないのは努力が足りないからである」等、「努力」の言葉は色々ありますが、あなたにとって「努力」とはどの言葉が一番でしょうか。

・明治31年創立の一関一高、平成21年創立の附属中学校、幾多の先輩がこの学校を創ってきました。

・120年の節目、10年目の節目に当たり、よりよい一関一高、附属中学校を後輩に渡していって欲しいと思います。

・校歌にある「温故知新」、「切磋琢磨」、「不屈不撓」、それに加え、「高志」、「修文練武」、「遂げずばやまじ」等の気持ちを受け継ぎ、引き継いでいって欲しいと思います。

・今後も皆さんの活躍を見守っています。

Upcomming Events