【附属中】いのちの授業

○2月5日(月)に八戸学院大学 羽入雪子教授を招聘して第3学年生徒を対象に保健講話「いのちの授業」を行いました。

○講話の中では、事前アンケートの結果をもとに、第3学年生徒の実態に触れながら、中学生が悩んだり、知りたいと思ったりするような内容が取り上げられました。

○生徒の主な感想は、次のとおりです。

・今回の講演会では、「人としてどうあるべきか」ということも学ぶことができたと思います。

・自分を大切にしないと他の人も大切にできないということが一番心に残りました。

・いのちの大切さを知ったので、これからもっと大事にし、もっと深みのある人間になれるようにこれから少しずつ考えていきたいと思いました。 

Upcomming Events