【附属中】入学決定通知書の授与

○1月15日(月)から数日間にわたり、校長先生は、入学が決定した3年生に対して、入学決定通知書を一人一人に丁寧に読み上げながら手渡しました。

○入学決定通知書を手にした3年生は、卒業までの決意を校長先生に伝えました。

○卒業までの決意を聞いた校長先生は、これまでの3年生のよさを振り返りながら、さらなる成長を期待していました。

○校長先生のお話は、次のとおりです。

・先日も選抜検査の会場準備、高校3年生のセンター試験の見送り、ありがとうございました。

・附属中を志した理由を思い出し、「初心にかえる」という言葉もあります。3年後、どういう道に進みたいのかを考えてもらいたいと思います。

・他の人の決意を聞くことは、自分の決意をさらに強くすることにもなり、自分を高めるきっかけにもなります。

・決意を行動で示して欲しいです。決意を行動で示すには、具体的な決意が有効です。

・高校進学が決まった恵まれた条件のもとで、自分を鍛えて欲しいと思います。

・附中三氣、時を守る、場を清める、礼を尽くすということは、どこでも、いつでも、何歳になっても通じるものです。このことを今一度強く意識して生活し、これからの期間でさらに自分を高めて欲しいと思います。

・今日は入学決定通知書を渡しました。卒業式には、なお成長したあなた方に卒業証書を渡すことを楽しみにしています。

○生徒の主な決意は、次のとおりです。

・今の3年1組40名で過ごす日々はあと少しなので、今からあまり普段話さないような友だちとも積極的に話をします。

・提出物やチャイム着席等、当たり前のことを当たり前にできるように頑張りたいと思います。

・これからの2カ月間、附中三氣をしっかり守れるように頑張ります。

・高校入学時に自分がどのような姿でありたいかを改めて考え、その姿に向け日々努力していきたいです。

Upcomming Events