【附属中】冬季休業明け授業始め式

○1月9日(火)に中高合同で冬季休業明け授業始め式を行いました。

○校長先生の講話により、冬休み中の様々な取組を振り返りながら、今後の生活の仕方について考える貴重な機会となりました。

○「校長先生の講話」の主な内容

・雪かき、ありがとうございます。気が付いた人一人一人がやっていました。一関で一番早くアスファルトが顔を覗かせました。

・高志、修文練武、温故知新、切磋琢磨、不屈不撓、遂げずばやまじについて、冬休み中に、又は、1月1日に夢という形で考えたと思います。

・夢に実現のためには、目標を設定すること、そして、途中経過をどうしていくのかを思い描ければいいと思います。

・一日を生きることは一歩進むことでありたい。

・毎日を大切にしてほしい。

○生徒の主な感想は、次のとおりです。

・今までの学習を見直し、心の準備をしっかりして高校に進学したいと思います。

・この学校を卒業する時に、今よりもいい顔をして終われるように一日一日を大切にしていきたいと思います。

Upcomming Events