沿  革

 1 校訓
 「明るく 強く たくましく」

 2 校歌
            
 
 3 校章 (デザイン畠山栄耕氏 昭和50年7月22日制定)     

 

             
 県鳥の「雉」をモチーフにして、小・中・高一貫した教育をとおし、「躍進」・「希望」・「はばたき」を表徴したものである。



  4 沿革
     昭和48年 4月 1日 開校(小・中学部)
     昭和52年 4月 1日 高等部設置
     昭和54年 4月 1日 養護学校義務化開始(訪問教育開始)
     平成 8年 4月 1日 北上分教室開設
     平成10年11月20日 博報賞・文部大臣奨励賞受賞
     平成14年10月18日 創立三十周年記念式典
     平成15年 9月 1日 特別支援教育センター開設
     平成15年12月15日 医療的ケア開始
     平成18年 1月30日 新寄宿舎完成
     平成19年 4月 4日 遠野分教室小学部開設(遠野市立遠野小学校内)
     平成21年 4月 1日 花巻清風支援学校に校名変更
     平成24年 4月 5日 遠野分教室中学部開設(遠野市立附馬牛中学校内)
     平成24年 4月17日 創立四十周年
     平成25年 4月 1日 遠野分教室中学部を遠野市立遠野中学校に移設
     平成26年12月15日 特別教室棟落成「スマイルハウス(愛称)」
     平成27年10月30日 こたま窯上屋落成記念式典並びにこたま窯二十周年記念集会
     平成29年 4月 6日 北上みなみ分教室小学部・中学部開設


学校経営概要

  

  1 教育理念
     
     「生きがいのある豊かな生活の実現~さわやかな挑戦~」 
  

  2 校訓
     
     「明るく 強く たくましく」     


  3 学校目標(子ども・保護者・教職員の共通目標)
      
     仲間とともに 今を主体的に
    
     一人一人の可能性を伸ばし、豊かな社会生活に向け主体性を発揮して生きる人を育成する。

    (1)丈夫な体と、思いやりのある豊かな心をもつ人
    
    (2)自ら楽しさ、やりがいを見つけ、いきいきと生活する人
    
    (3)約束、きまりを守り、進んで行動する人
    
    (4)互いに気持ちを伝え、協力して活動する人


  4 学校経営方針

    (1)一人一人の主体性を大切にし、「確かな学力」、「健やかな体」、「豊かな心」が身につく教育を行います。

    (2)一人一人が自分らしい生き方をみつけ、将来の姿を描くことができるように進路指導・支援を行います。
    
    (3)社会に開かれた教育課程を基に「共に学び、共に育つ教育」を目指して保護者・同窓会、地域との連携を進めます。
    
    (4)安全で安心な教育環境を保ち、防災・復興の視点で心の教育を進めます。

    (5)地域の子どもたちの発達を支援するために、特別支援教育の専門性を発揮した活動を進めます。

  
   5 本年度の重点

   (1)分かる授業・つながる授業を推進し、一人一人の願いの実現と、主体的な学びを保障する。

      ・個別の指導計画を職員で共有活用し、教育活動全体を通して児童生徒一人一人のきめ細やかな支援を行います。

      ・基礎基本の定着を図りながら、自分から活動できる場面を設定した指導実践を進めます。

      ・児童生徒一人一人が主体的に取り組む授業づくりを目指し、学部研究会・全校研究会を実施します。

   (2)自分らしさを育む教育を充実し、社会で有用感をもって生きるための基本的な力を養う。

       ・地域の中で生活し、就労していくために、福祉・労働・行政等の関係機関と連携を図りながら、障がいや適性に応じた進路学習や進路相談の充実に努めます。

    ・地域の中で自分の個性や力を発揮し、生涯にわたり充実感をもちながら生活できるように、進路学習や進路相談の充実に努めます 。

   (3)情報発信や地域交流を推進し、地域との連携・共働による学校づくりを行う。

    ・交流籍を活用した交流及び共同学習、学校間交流等、主体性を重視した交流活動・体験活動を計画的・継続的に進めます。

    ・保護者(学部PTA活動、PTAバザー、専門部での活動)、同窓会(ひまわり会・ひまわり会保護者会の活動、同窓会会報発行)、地域との連携・交流(地区PTA活動、地域
     資源の活用)を進めます。

    ・児童生徒の教育活動についてWebページやブログで発信し、開かれた学校づくりに努めます。

   (4)防災・復興教育を推進し、災害時に備えると共に、「いきる」、「かかわる」、「そなえる」の視点で互いを大切に思う心を育む。

    ・避難訓練(火災、地震、不審者等)の想定内容を工夫し、自分の身を守る行動ができるように取り組みを進めます。

     ・命の大切さ、相手を思いやる心を育てるための保健指導に取り組みます。

   (5)地域の特別支援教育の一層の充実を目指し、特別支援教育センター機能により必要な地域支援を行う。

   ・関係諸機関と連携し、教育相談等のニーズに応じた支援を進めます。

   ・地域の幼小中高等学校との情報交換、学習会を通じて特別支援教育の充実を進めます。





平成30年4月11日更新