花巻清風支援学校

かあちゃん市           
 
 
 
かあちゃん市とは・・・

 本校中学部では、地域交流の一環として「かあちゃん市」という販売活動を総合的な学習の時間に行っています。
 「かあちゃん市」は野菜などの自家製の農産物、花、自家製加工食品などを、農家のお母さんたちが持ち寄り、学校玄関前で開かれる青空市です。地元の方々が真心込めて作った、自慢の野菜、おいしい大福もち、きれいな花などを中学部の生徒と一緒に販売しています。普段の学習の中では体験できない生きた学習を通し、生徒を取り巻く学校や地域の人(農家のお母さん方)、物(農産物等)との積極的なふれあいにより、様々な経験と発見の中で、課題を解決していく力や活動の目的をもって主体的に向かっていく力を育てていくことを目的としています。
  「かあちゃん市」は5〜11月の金曜日午後1時30分より、校舎前の駐車場付近(雨天時は職員玄関前)で開催します。
  みなさんどうぞ、お立ち寄りください!

 

 

かあちゃん市の様子                 

かあちゃん市 顔合わせ会  

    

 「かあちゃん市顔合わせ会」では、一緒に販売を行うかあちゃん市の方々を招き、経験のある上級生の生徒が中心となってオリエンテーションをすすめ、目標の発表などを行います

販売準備            

  
 当日の販売では、事前の販売練習で分担した係や陳列の仕方を自分たちで確認しながら、協力して
「かあちゃん市」の準備を行います。

かあちゃん市 販売活動   

    
 かあちゃん市の方々からお客さんへの対応の仕方、販売手順、お金の合計やおつりの出し方などを教えていただきながら、それぞれ持ち場に分かれて販売や係の仕事に取り組みます。

ティータイム交流       

    
 11月には自分たちでお菓子を作って用意し、1年間お世話になったかあちゃん市の方々を招いて楽しい「ティータイム交流会」を行っています。かあちゃん市の方々のために手づくりしたお菓子を食べながらお話をしたり、作業学習で作った商品をプレゼントしたりするなどして交流を深めています。



平成28年8月5日更新