■Home

平成28年度 農業クラブ研究活動、各種大会出場の結果(こちらにまとめました) 


■ 平成29年度農業クラブ活動方針

1 農業クラブ活動方針

 出穂(しゅっすい)

 という目標を活動方針として掲げます。
 花農は、今年で創立110周年という節目の年を迎えます。
 そこで私たちは、初心に戻って活動を進めていこうと考えました。
 出穂とは、稲の穂が出ることを言います。
 クラブ員一人一人が稲の穂が出るように、新たな発見や出会い、自分の可能性を見つけてほしいと思い、この目標を掲げました。
 具体的には
 (1) アグリマイスター「シルバー」認定者を増やす
 (2) FFJ検定「初級」の合格
 この二つの柱を設定します。

*アグリマイスターとは
 農業を学ぶ高校生の頑張りを学力だけでなく多方面からとらえ、総合的に評価するために生まれた表彰制度です。
 評価の対象は、農業に関する様々な資格や検定、学校農業クラブ活動、一般教養分野など多岐にわたります。取得する資格や活動内容の成績などを、得点に換算し、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の3段階のランクに認定します。
 今年度はシルバー認定者を増やすことを目標とします。
 シルバー認定は30点以上です。得点は高校在学中の3年間で累積されます。認定されるには、A区分で20点以上取ることが必須です。A区分とは、プロジェクト発表会や意見発表会、平板測量競技に出場した者に点数が与えられます。そのほか、食の検定やバイオ技術者認定試験などの専門資格取得も点数に反映されます。また、FFJ検定もA区分に含まれます。
 B区分では、ワープロ検定や英検・漢検などの一般教養的資格が反映されます。
 そして、アグリマイスターは履歴書や推薦書に記載することもできます。

*FFJ検定とは
 農業学習や農業クラブ活動において、日々の努力の積み重ねがどの程度まで到達したかを確認するためのものです。
 今年度は全校で初級獲得を目指します。FFJ検定初級を合格することで、アグリマイスター顕彰精度のA区分の得点5点が獲得でき、アグリマイスターの認定がとても有利になります。
 そして、この検定は、農業クラブの行事や授業に積極的に参加していれば問題なく獲得できます。
 全クラブ員の穂が出るように、積極的に農業クラブ活動を行いましょう。

事業計画

校内事業

 月 日( 曜日) 事 業 名 
  4月10日(月)  農業クラブ入会式・オリエンテーション
  4月13日(木)  第1回各種委員会
  5月11日(木)  第1回定期総会
  5月18日(木)  校内意見発表会
  6月 1日(木)~ 9日(金)  校内農業鑑定競技週間
  9月29日(金)  賢治先生を偲ぶ会
 10月18日(水)  2回各種委員会
 10月26日(木)~28日(土)  花農祭準備・花農祭
 10月31日(火)  収穫感謝祭
 11月17日(金)  農業クラブ立会演説会(役員選挙)
 12月14日(木)  第2回定期総会
  2月22日(水)  校内プロジェクト発表会

校外事業
 月 日 ( 曜日)  事 業 名
  6月20日(火)  岩手県連盟大会技術競技 平板測量(花農)
  6月22日(木)  岩手県連盟大会技術競技 情報処理(水農)
  6月29日(木)~30日(金)  岩手県連盟大会各種発表(水農)
  7月  岩手県連盟大会技術競技 家畜審査
  7月26日(火)  東北連盟夏期研修会
  8月24日(木)~25日(金)  東北連盟大会(青森)
 10月25日(水)~26日(木)  全国大会(岡山)

             
             (クリックで このページの先頭に戻ります)


■ Home