Home

校長挨拶                                               軍 司   悟

 本校は、明治40年に稗貫郡蚕業講習所として創立され、110年という輝かしい歴史と伝統を有する学校です。
 また、大正10年12月から4年4か月にわたり、本校の前身である花巻農学校で宮澤賢治先生が教鞭を執られたことでも全国的に知られています。
 本校は、賢治先生が実践した「愛と慈しみの農業教育」を基本とし、豊かな人間性を育み、生命を大切にする「人間教育」、時代の進展に対応し社会に貢献する創造性豊かな実践力を育てる「専門教育」、そして、個性を尊重する進路目標を設定し、自己実現に向けた「在り方・生き方教育」を教育方針として掲げています。
長きに渡って連綿と受け継がれてきたこの賢治先生の教えは、今でも色あせるどころか、ますます輝き、普遍的な真理として、多くの人々の心に刻まれています。
 さらに、賢治先生の作詞による「花巻農学校精神歌」は、現在も校歌とともに歌い継がれ、本校関係者には勿論のこと広く多くの人々に親しまれてきました。
 校地内にある「賢治先生の家」は、賢治先生が退職してから、自炊をしながら独居生活を始めた家です。そこで「羅須地人協会」を設立し、農耕指導や創作活動をされました。「賢治先生の家」は、これまで二度の移設を経て現在の場所に復元されました。連日、全国からの多くの賢治ファンが訪れ、先生の思いや教えを肌で感じる聖地となっております。築100年を超えているものの、当時の息吹を彷彿とさせるその佇まいは、本校の象徴的な存在であり、生徒の心の支えとなっています。そして、同窓の方々の誇りであり、精神的な拠り所となっています。

 本校は、生物科学科、環境科学科、食農科学科の三つの学科を設置しています。
 生物科学科では、作物、草花、果樹、野菜の栽培、動物の飼育、バイオテクノロジー等を中心に、安全な生物生産について学び、自然の中で豊かな能力と個性を磨きます。
 環境科学科では、土木や造園技術から環境保全と保護について学び、人と自然、環境が調和する豊かな生活を創造し、確かな技術を育みます。
 食農科学科では、健康で安全な食料・食品を追求しながら、食文化について学び、良質な食品製造や食品開発を通して食の心を育みます。

 日々、生徒達は勉学は勿論のこと、部活動、農業クラブ活動、地域貢献活動などにも積極的に取り組んでおり、毎年、様々な活動で全国レベルの輝かしい成果を上げています。
 これからも、本校は地域産業に貢献する人材育成に取り組むと共に、生徒と教職員が一丸となり、“日本一の農業高校”を目指して邁進してまいります。

 最後になりましたが、本校の教育活動に対する御理解と御協力、そしてこれまでと変わらぬ御支援をお願い申し上げ、ご挨拶といたします。


Home