岩手県立花泉高等学校  


            創   立  昭和23年

創立記念日  5月20日

 

    所 在 地  〒029−3101 岩手県一関市花泉町花泉字林の沢17の9

電話番号  0191−82−3363

Fax番号  0191−82−5448

ホームページ  http://www2.iwate-ed.jp/han-h/

最寄り駅  JR花泉駅より徒歩10分

校  長  千 葉  治


 1 設置学科等

課程

学科名

設置年度

令和元年度生徒数 ( 5月1日現在)

1年

2年

3年

合計

全日制

普通科

昭和25年度

36 38 32 106


2 本校の目指す生徒像

テキスト ボックス: 校訓『知行合一』知るは行うことの始めであり、行うは知ることの成果である、という意味です。知と行は
本来一つのものであり、二つに分けるものではない。知識と実践は合致しなくてはならな
いということです。中国明時代の学者・王陽明の学説です。

(1)学力向上に向けて積極的に努力する花高生

(2)規律ある生活態度、責任感と品位を重んじる花高生

(3)社会性の育成と多様な進路希望を実現できる花高生

(4)安全安心を確保し、保護者や地域から信頼される花高生


3 令和元年度の入学者選抜方法について

   (1) 推薦入学者選抜(令和2年1月28日実施)

    

学科名

普通科

定 員

40名

募集定員

10%(4名)

推薦基準

次の1〜4の条件を満たした上で、5の条件のいずれかに該当する者

 1 本校の教育を受けるに足る能力・適性を持つ者
 志願理由が明確かつ適切で、入学後も意欲的な高校生活を送ることが期待される者
 
3 基本的な生活習慣が身についている者
 
4 中学校3年間の欠席日数が原則10日以下の者

 5 体育活動、文化・芸術活動、生徒会活動、ボランティア活動等で次の
  
いずれかの実績を持つ者
   なお、(1)〜(3)は応募資格Aに該当する。
(1)中学校体育連盟・中学校文化連盟等が主催する体育活動及び文化活動
   
において、地区大会団体3位以上(同個人3位以上)の成績を収めた者
(2)学校外での体育活動、文化・芸術活動、郷土芸能活動において、各種
   
大会の発表会・コンクール等に参加し、継続した活動が認められる者
(3)生徒会役員として活動または、ボランティア活動を継続して行った者

 

検査内容

 1 面接 個人面接(15分)
 2 作文 提示されたテーマについて自分の意見を800字以内でまとめる。(50分)

選抜方法

1 調査書(100点)「各教科の学習の記録」
   [1・2年の9教科の評定合計(各45点)+3年の9教科の評定合計の2倍(90点)]180
   点を100点に圧縮

2 実績(100点)
   調査書及び志願理由書に記載されている実績

3 面接(100点)

4 作文(100点)

 〈合計 400点〉
 ※ 合計点をもとに、総合的に判断して選抜する。

1次選考の有無                 無


 (2) 一般入学者選抜(令和2年3月6日実施)

全日制普通科定員40名(推薦合格者を含む)

各選考方法の順序

A選考

B選考

C選考

各選考方法の割合    

70%

10%

20%

学力検査と調査書・面接等との比率

5:5

3:7

7:3

小論文・作文、適性検査、傾斜配点の実施の有無

なし


4 特色ある教育活動

(1)学習活動

 基礎・基本を重視した授業を展開し、個性を伸ばし、進路志望達成に向けた指導に力を注いでいる。さらに朝学習を実施し、
 学習に対する取り組みの向上を図っている。
  資格は、危険物取扱者試験・全商ビジネス文書検定・全商情報処理検定・保育検定等は希望者を対象に、
 英語検定・漢字能力検定は、学校全体で取り組んでいる。

 進学や就職希望等に沿った教科・科目を設定し、進路に適応した選択科目を設けている。特にも進学希望者には、課外・
 添削・個別指導を実施し、小規模校だからできるきめ細かな対応をしている。

(2)特別活動

○生徒会活動

生徒会役員が中心となり、全校生徒が自主的・意欲的に、クラスマッチや花高祭等の生徒会行事に取り組んでいる。

○部活動

運動部は硬式野球部をはじめ活発な活動が見られ、多くの部で県大会出場を果たした。
 文化部は音楽部・茶道部等が活発に活動している。また、地域の施設等を訪問し、地域と連携を図り、奉仕活動や子供会のリーダー養成
 活動等に積極的に参加している。

○総合的な探究の時間

『進路を考える』をメインテーマにし、1年生は「自分を知る」をテーマに自己理解、職業観の育成、職業研究に加え、
 大学・専門学校・企業見学等を、2年生は「働くことを学ぶ」をテーマに職場体験学習を、3年は「生き方を考える」を
 テーマに卒業後の進路について深く考え、就職・進学に向けた面接・小論文指導を、それぞれ実施している。

   

5 卒業生の進路

年度

卒業生数

        進 学         就 職

大 学

短 大

医療系

専 門

文科省外

管 内

県 内

県 外

公務員
30 37 15
29

35

15
28 28 14

  

 <主な進路先(過去3年間)>


大学
 岩手県立大学、青森公立大学、東北公益文化大学、仙台白百合女子大学、石巻専修大学、東北学院大学、
東北福祉大学、 東北工業大学、東北文化学園大学、人間総合科学大学(通信)、城西国際大学

短大 
 岩手県立大学宮古短期大学、岩手県立産業技術短期大学、修紅短期大学、福島学院大学短期大学部
宮城誠真短期大学

文科省外学校
 県立千厩高等技術専門学校

専門学校
 北上コンピュータアカデミー、東京法律専門学校、北日本医療福祉専門学校、仙台ヘアメイク専門学校、
盛岡医療福祉専門学校、ファッション文化専門学校DOREME、日本美容専門学校、岩手理容美容専門学校、
仙台リゾート&スポーツ専門学校、東北ヘアモード専門学校 他

【看護】 岩手看護専門学校、一関市医師会附属准看護学校


一般企業
【県内】株式会社日ピス岩手、日本端子株式会社、株式会社ケーエフエム、株式会社ラップワールド、
タケヒロ東北株式会社、佐川急便株式会社、株式会社丸江、株式会社やまや、非営利活動法人ケアセンターいこい、
介護法人保健施設華松苑、ニットーハイ株式会社、いわて平泉農業協同組合、株式会社アロン社、 株式会社ケイエムアクト、
株式会社佐原、蔵ホテル一関、三光株式会社 イオンスーパーセンター、SWS東日本株式会社、
(有)千葉恵製菓 愛知陸運株式会社他

【県外】東北部品株式会社、株式会社オノエーワン、日立建機株式会社、古川興業株式会社、伊藤ハムデイリー株式会社
北上川沿岸中田地区土地改良区 他


6 校長からひと言


 本校は、平成29年度に創立70周年を迎えました。
国公立四年制大学、私立四年制大学、医療系専門学校、各種専門学校、就職、公務員など、多様な進路希望の達成に向けて、3年間全教職員で丁寧な指導を行っています。
 地域を支え、地域に貢献できる人材の育成を目指し、1年生から様々な体験学習や見学会、地域ボランティアなどを行い、自分を見つめ、自分を知り、様々な方々とコミュニケーションができる力を育成しています。
 皆さん、本校で一緒に学習し、積極的に活動しながら自分を伸ばしてみませんか。

7 公立高等学校就学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ

 (1)平成26年度から県立高校の授業料に高等学校等就学支援金制度が導入されました。
 
(2)この制度により、一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要になりました。
 
(3)一定の所得未満とは、保護者等の道府県民税所得割と市町村民税所得割の合算額が50万7,000円未満です。
 (4)手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする予定ですが、制度について詳しく
    お知りになりたい方は、下記の文部科学省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」
    をご覧下さい。
    
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm


8 必要となる諸経費の概要
 【参考】県立高校授業料・通信制受講料
        全日制(月額)9,900円  定時制(月額)2,700円  通信制(1単位)190
     本校 平成31年度入学生諸会費等の概略
        入学金 5,650円 一括納入金 53,000円 教科書・副教材費 20,294円 諸会費 月額 4,480円(年10回)
        制服代(上下一組)
        男子 38,160円 女子 50,000円  
        その他の開襟シャツ、夏服、体操着、上履きなどは除く。